最新記事

アメリカ社会

トランプ政権、学校の安全対策で銃購入年齢引き上げ見送り 教職員の銃携行訓練の支援を採用

2018年3月13日(火)10時52分

3月11日、米国のトランプ政権は夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。写真は会見するサンダース報道官。ホワイトハウスで9日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

米国のトランプ政権は11日夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。

政府案には、トランプ大統領が事件後に支持してきた対策の一つである、銃購入が可能な最低年齢の引き上げが含まれなかった。一方、一部の州で導入され、全米ライフル協会(NRA)も支持している教職員の銃携行訓練への支援は盛り込まれ、資金は司法省が拠出する。

政府案はおおむねNRAの方針に沿った内容となった。

大統領はツイッターに「銃購入最低年齢の18歳から21歳への引き上げについては、政府が行動する前に裁判所の事例を参考にする。現在は州政府がこの決定を行っている。(この規制に関する)取り組みは急速に進んでいるが、政治的な支持はさほど得られていない」と投稿した。

フロリダ州では9日、銃購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げる銃規制法が成立。NRAは新法は違憲だとして撤回を求めて提訴している。

ホワイトハウスのサンダース報道官は会見で、トランプ大統領は銃購入年齢引き上げを含む変更案の一部を引き続き支持しているが、現在は議会で可決が見込める対策案を優先していると説明した。

大統領は、議会に提出されている銃購入者の経歴調査を強化する法案を支持すると表明。しかし、展示会やインターネットを介して銃を販売する際に購入者の身元確認を義務付けるなどの幅広い規制案は支持しなかった。

NRAはトランプ政権の案に関するコメントの求めに応じていない。

議会民主党指導部はトランプ政権がNRAの要求に屈したと非難するとともに、より厳格な銃対策を推進する方針を示した。

トランプ政権は今回、銃の購入最低年齢引き上げなど、特に賛否両論のある案については政権案に盛り込まず、デボス教育長官が率いる委員会での検討を待つとして先送りした。米国のトランプ政権は11日夜、フロリダ州の高校で先月起きた乱射事件を受け、学校の安全対策案を発表した。

政府案には、トランプ大統領が事件後に支持してきた対策の一つである、銃購入が可能な最低年齢の引き上げが含まれなかった。一方、一部の州で導入され、全米ライフル協会(NRA)も支持している教職員の銃携行訓練への支援は盛り込まれ、資金は司法省が拠出する。

政府案はおおむねNRAの方針に沿った内容となった。

大統領はツイッターに「銃購入最低年齢の18歳から21歳への引き上げについては、政府が行動する前に裁判所の事例を参考にする。現在は州政府がこの決定を行っている。(この規制に関する)取り組みは急速に進んでいるが、政治的な支持はさほど得られていない」と投稿した。

フロリダ州では9日、銃購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げる銃規制法が成立。NRAは新法は違憲だとして撤回を求めて提訴している。

ホワイトハウスのサンダース報道官は会見で、トランプ大統領は銃購入年齢引き上げを含む変更案の一部を引き続き支持しているが、現在は議会で可決が見込める対策案を優先していると説明した。

大統領は、議会に提出されている銃購入者の経歴調査を強化する法案を支持すると表明。しかし、展示会やインターネットを介して銃を販売する際に購入者の身元確認を義務付けるなどの幅広い規制案は支持しなかった。

NRAはトランプ政権の案に関するコメントの求めに応じていない。

議会民主党指導部はトランプ政権がNRAの要求に屈したと非難するとともに、より厳格な銃対策を推進する方針を示した。

トランプ政権は今回、銃の購入最低年齢引き上げなど、特に賛否両論のある案については政権案に盛り込まず、デボス教育長官が率いる委員会での検討を待つとして先送りした。

[ワシントン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月