最新記事

米朝関係

「北の最強兵器」金正恩の妹・金与正が直接対話のために渡米する?

2018年3月8日(木)15時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

北朝鮮ナンバー2の実力者ともされる金与正 REUTERS

<金王朝の「プリンセス」のほほ笑み外交は、アメリカでも展開されるのか>

ピョンチャン(平昌)冬季五輪前から急展開を見せている北朝鮮問題。およそ2年ぶりとなった南北高官級会談にはじまり、合同チームでのオリンピック参加、韓国特使団の北朝鮮訪問と、この2カ月あまりで韓国と北朝鮮は急速に距離を縮めている。今度は、北朝鮮とアメリカの直接対話が現実味を帯びてきた。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは韓国の外交情報筋の話として、国家安全保障室の鄭義溶(チョン・ウィヨン)室長が、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹の金与正(ヨジョン)の訪米を米政府関係者に提案する可能性を報じた。

鄭義溶はワシントンで事前交渉か

鄭義溶は、韓国の情報機関である国家情報院(NIS)の徐薫(ソ・フン)院長とともに3月8日にアメリカ入りする。2人とも3月5日に北朝鮮に派遣された特使団のメンバーで、南北高官級会談について米政府に報告する予定だ。ワシントンでH・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)やマイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官と会談すると伝えられている。

鄭義溶は、北朝鮮とアメリカの二国間対話を始めるための北朝鮮側の条件を米政府関係者に伝えることになっているが、与正の訪米もこれに含まれるものとみられる。

同紙によると金正恩は南北高官級会談の際にアメリカに対する「あるメッセージ」を韓国特使団に託したという。内容は明らかでないが、このメッセージはトランプ政権に直接届けられる。アメリカがこのメッセージを公表するかどうかは分らないが、これは非常に稀なことだ。

情報筋はこう指摘する。「金正恩が妹の与正を韓国に送ったように、ワシントンにも送ろうとしているのかもしれない。与正はいま、北朝鮮にとって最強の武器だ」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月