最新記事

米朝関係

「北の最強兵器」金正恩の妹・金与正が直接対話のために渡米する?

2018年3月8日(木)15時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

北朝鮮ナンバー2の実力者ともされる金与正 REUTERS

<金王朝の「プリンセス」のほほ笑み外交は、アメリカでも展開されるのか>

ピョンチャン(平昌)冬季五輪前から急展開を見せている北朝鮮問題。およそ2年ぶりとなった南北高官級会談にはじまり、合同チームでのオリンピック参加、韓国特使団の北朝鮮訪問と、この2カ月あまりで韓国と北朝鮮は急速に距離を縮めている。今度は、北朝鮮とアメリカの直接対話が現実味を帯びてきた。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは韓国の外交情報筋の話として、国家安全保障室の鄭義溶(チョン・ウィヨン)室長が、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹の金与正(ヨジョン)の訪米を米政府関係者に提案する可能性を報じた。

鄭義溶はワシントンで事前交渉か

鄭義溶は、韓国の情報機関である国家情報院(NIS)の徐薫(ソ・フン)院長とともに3月8日にアメリカ入りする。2人とも3月5日に北朝鮮に派遣された特使団のメンバーで、南北高官級会談について米政府に報告する予定だ。ワシントンでH・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)やマイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官と会談すると伝えられている。

鄭義溶は、北朝鮮とアメリカの二国間対話を始めるための北朝鮮側の条件を米政府関係者に伝えることになっているが、与正の訪米もこれに含まれるものとみられる。

同紙によると金正恩は南北高官級会談の際にアメリカに対する「あるメッセージ」を韓国特使団に託したという。内容は明らかでないが、このメッセージはトランプ政権に直接届けられる。アメリカがこのメッセージを公表するかどうかは分らないが、これは非常に稀なことだ。

情報筋はこう指摘する。「金正恩が妹の与正を韓国に送ったように、ワシントンにも送ろうとしているのかもしれない。与正はいま、北朝鮮にとって最強の武器だ」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月