最新記事

米朝関係

「北の最強兵器」金正恩の妹・金与正が直接対話のために渡米する?

2018年3月8日(木)15時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

北朝鮮ナンバー2の実力者ともされる金与正 REUTERS

<金王朝の「プリンセス」のほほ笑み外交は、アメリカでも展開されるのか>

ピョンチャン(平昌)冬季五輪前から急展開を見せている北朝鮮問題。およそ2年ぶりとなった南北高官級会談にはじまり、合同チームでのオリンピック参加、韓国特使団の北朝鮮訪問と、この2カ月あまりで韓国と北朝鮮は急速に距離を縮めている。今度は、北朝鮮とアメリカの直接対話が現実味を帯びてきた。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは韓国の外交情報筋の話として、国家安全保障室の鄭義溶(チョン・ウィヨン)室長が、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹の金与正(ヨジョン)の訪米を米政府関係者に提案する可能性を報じた。

鄭義溶はワシントンで事前交渉か

鄭義溶は、韓国の情報機関である国家情報院(NIS)の徐薫(ソ・フン)院長とともに3月8日にアメリカ入りする。2人とも3月5日に北朝鮮に派遣された特使団のメンバーで、南北高官級会談について米政府に報告する予定だ。ワシントンでH・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)やマイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官と会談すると伝えられている。

鄭義溶は、北朝鮮とアメリカの二国間対話を始めるための北朝鮮側の条件を米政府関係者に伝えることになっているが、与正の訪米もこれに含まれるものとみられる。

同紙によると金正恩は南北高官級会談の際にアメリカに対する「あるメッセージ」を韓国特使団に託したという。内容は明らかでないが、このメッセージはトランプ政権に直接届けられる。アメリカがこのメッセージを公表するかどうかは分らないが、これは非常に稀なことだ。

情報筋はこう指摘する。「金正恩が妹の与正を韓国に送ったように、ワシントンにも送ろうとしているのかもしれない。与正はいま、北朝鮮にとって最強の武器だ」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


ニュース速報

ワールド

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKP

ワールド

OPEC非加盟国も増産に合意、規模は不透明

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 2

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月