最新記事

がん

ゾウの「ジャンクDNA」にがん抑制のメカニズムが存在することがわかった

2018年3月14日(水)18時00分
松岡由希子

ヒトの100倍もの細胞を持ち、70年程度生存するゾウ PobladuraFCG-iStock

<機能や役割が明らかになっていない象の「ジャンクDNA」にがん抑制の機能が存在することがわかった>

哺乳動物のゲノム(全遺伝情報)のうち、タンパク質を生成する配列はわずか2%にすぎず、残りの大部分は「ジャンクDNA(ガラクタ遺伝子)」と呼ばれ、その機能や役割はいまだ明らかにされていない。

動物のジャンクDNAを解析

米ユタ大学のクリストファー・グレッグ准教授を中心とする研究プロジェクトは、「ジャンクDNAの中に、疾病をコントロールする役割を担うものがあるのではないか」という仮説のもと、陸生哺乳類のゾウとジュウサンセンジリス、空中哺乳類のコウモリ、海洋哺乳動物のシャチとイルカ、地下哺乳類のハダカデバネズミを対象に、それぞれのジャンクDNAを解析し、その成果を米学術雑誌「セル」で発表した。



ゾウの巨体や、コウモリの翼のように、種の特徴は、急速な進化を遂げ、種独自の特性と関連するDNA領域、すなわち「AR(加速した領域)」によってもたらされている。

この研究プロジェクトでは、ジャンクDNAの解析により、種ごとのARを特定。DNA修復と関連するゾウのゲノムをはじめ、手足を変形させて翼に発達させたコウモリのゲノム、高圧環境に適応させるシャチやイルカのゲノム、肌の色素沈着と関連したジュウサンセンジリスのゲノム、弱視と関わりのあるハダカデバネズミのゲノムが明らかとなった。

3つのゾウのゲノムを特定

とりわけ、この研究プロジェクトが特定したFANCL、VRK2、BCL11Aという3つのゾウのゲノムは、DNA修復と関連するものとして注目されている。

ゾウは、ヒトと比べて、腫瘍を抑制する「p53遺伝子」の数が非常に多いことがわかっているが、これに加えて、ゾウのARに突然変異やがんを抑制するゲノムが少なくとも3つ存在することになるわけだ。

ニュース速報

ワールド

英ロイヤルウエディング、伝統と現代の融合で新しい王

ビジネス

アングル:中銀のフォワードガイダンス、かえって市場

ワールド

焦点:イタリア次期政権、新たなユーロ危機の「火種」

ワールド

アングル:米朝首脳会談は実現するか、失敗の歴史を振

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食ブーム

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 7

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月