最新記事

シリア情勢

シリア 弾圧に曝される市民に寄り添うフリをしてきた欧米諸国の無力と敗北

2018年2月28日(水)17時50分
青山弘之(東京外国語大学教授)

戦闘が激化する東グータ地方 Bassam Khabieh-REUTERS

ロシアとトルコが動くと、シリアのバッシャール・アサド政権は得をし、反体制派とロジャヴァは追い詰められる――イスラーム国が排除されたシリア情勢は、このように推移している。

トルコにとっての「テロリスト」とは

シリア国内でのロシアとトルコの軍事行動は「テロとの戦い」の論理に基づいて(自己)正当化されている。だが、両国にとって「テロリスト」とは異なった組織を意味する。

トルコにとっての「テロリスト」とは、クルド民族主義組織の民主統一党(PYD)、同党が指導する自治政体のロジャヴァ(西クルディスタン移行期民政局、ないしは北シリア民主連邦)、その武装部隊の人民防衛隊(YPG)や女性防衛隊(YPJ)、そしてこれらの部隊を主体とするシリア民主軍のことだ。トルコは、これらをクルディスタン労働者党(PKK)と同根の「テロ組織」とみなしている。

トルコは、「アラブの春」がシリアに波及した当初から、それが「クルドの春」に変容することに警戒していた。だが、シリア内戦に乗じて、PYDがユーフラテス川東部(ジャズィーラ地方)とアレッポ県北西のアフリーン郡(中心都市はアフリーン市)を実効支配するようになったことで、この懸念は現実のものとなった。

PYDがこの二つの地域を結節させ、シリア・トルコ国境地域全体を掌握することを回避するため、トルコは2015年8月から2016年3月にかけて「ユーフラテスの盾」作戦を敢行、アレッポ県北東部のユーフラテス川西岸のいわゆる「安全地帯」を事実上占領した。また、今年1月20日には「オリーブの枝」作戦の開始を宣言し、「飛び地」であるアフリーン郡への侵攻を本格化させた。

なお、クルド民族主義勢力に対する米国の姿勢は究極の二重基準だ。米国はPKKを1997年以来「外国テロ組織」(FTO)に指定する一方、シリア民主軍をイスラーム国に対する「テロとの戦い」で共闘する「協力部隊」とみなして全面支援している。

PYDについては、バラク・オバマ前政権が「テロとの戦い」のパートナーと位置づけていた。だが、ドナルド・トランプ米政権下の1月24日、中央情報局(CIA)は公式HPの内容を更新し、PYDをPKKの分派の「テロ集団」と位置づけた(拙稿「米国はシリア情勢をめぐって自らをテロ支援国家に指定?!」(Yahoo! Japan News個人、2018年1月29日)を参照のこと)。

トルコは「オリーブの枝」作戦を通じて、シリア全土で「テロリスト」を根絶すると凄んでいる。だが、目下のところはアフリーン市包囲をめざしており、米国が部隊を進駐させているアレッポ県東部のユーフラテス川西岸のマンビジュ市一帯、ジャズィーラ地方での本格作戦は念頭に置いてない(ようだ)。

ニュース速報

ワールド

イタリア地方選、同盟が躍進 五つ星に比肩する支持獲

ビジネス

高島屋、18年3―5月期は増収増益 インバウンドや

ビジネス

欧州銀行監督機構、銀行に英のEU離脱対策急ぐよう警

ビジネス

ギリシャにとってクレジットポジティブ、債務軽減で=

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 10

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月