最新記事

ロシア

北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

Russia Warns of 'War' if Oil to North Korea Is Cut

2018年2月1日(木)17時02分
トム・オコーナー

中朝両国と国境を接し、日本海に面した沿海地方で行われたロシア軍の演習(2017年10月) Russian Ministry of Defense

<アメリカが振り回す「最大限の圧力」は、北朝鮮を開戦に追いやりロシアの国家安全保障を脅かしかねない、と駐北朝鮮ロシア大使は言う>

北朝鮮に対する原油供給の全面禁止などアメリカが求める制裁強化策は、世界規模の紛争を引き起こす恐れがあると、駐北朝鮮ロシア大使が警告した。

ロシアのアレクサンドル・マツェゴラ大使は1月31日、ロシア国営メディアのインタビューで、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮が国際社会で孤立し、アメリカ主導による「最大限の圧力」にさらされたことで、ロシアの国家安全保障が脅かされていると言った。

対北朝鮮政策でアメリカと対立するロシアと中国は昨年12月、北朝鮮に対する国連安保理の追加制裁決議に賛成したが、制裁が行き過ぎれば北朝鮮は宣戦布告とみなすだろうと、マツェゴラは言った。

「原油と石油精製品の輸出を止めることは北朝鮮にとって全面禁輸を意味する。そうなれば宣戦布告とみなし、あらゆる自衛的措置を取ると、北朝鮮の政府高官は繰り返し発言している」と、マツェゴラはロシア国営メディア、スプートニクに言った。

昨年12月の追加制裁により、北朝鮮への原油や石油精製品の輸出は1月から約90%削減された。老朽化したパイプラインを通じて中国から送られる54万トンの原油と、中国やロシアなどから供給される6万トンの石油精製品に制限される。人口2500万人の北朝鮮にとってそれは「微々たる量」でしかなく、北朝鮮の住民はすでにガソリンやディーゼル燃料の深刻な不足に苦しんでいることから、これ以上供給を減らすべきではない、とマツェゴラは言った。

北朝鮮との国境に中露軍?

国連安保理の追加制裁を、北朝鮮は「戦争行為」と非難している。アメリカは中国とロシアが制裁を無視して公海上で石油精製品を北朝鮮に密輸しているとして繰り返し批判しているが、中国とロシアは疑惑を否定している。

第二次大戦後にアメリカとソ連の対立が深まって朝鮮半島が分断された数年後、1950年から3年に及んだ朝鮮戦争で、ソ連と中国は共産主義国である北朝鮮を支援。韓国を支援したアメリカ中心の国連軍と戦った。休戦協定が締結した後も、ロシアと中国は長年にわたって北朝鮮を支援してきたが、北朝鮮が核兵器の開発に突き進み、昨年は大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる実験を成功させてから北朝鮮から距離を置くようになった。

ロシアと中国はアメリカがアジア太平洋地域で影響力拡大を狙っているとみなし、アメリカの方が北朝鮮を挑発していると批判する。ロシア軍と中国軍は昨年から合同軍事演習を重ねてきた。米軍による北朝鮮侵攻を想定した動きだと、専門家は分析している。ドナルド・トランプ米大統領の北朝鮮に対する脅しが激しくなった昨年4月、朝鮮半島有事に備えてロシアと中国が北朝鮮との国境近くに軍を集結させている、と大きく報道されたが、ロシアも中国も否定した。

ニュース速報

ワールド

EU離脱巡る合意に向け85─90%進展=英内閣府担

ビジネス

NAFTA再交渉、3カ国協定前提にバランスよく維持

ワールド

イタリア政府、成長促進へ財政赤字拡大を検討=ディマ

ワールド

焦点:安倍氏3選後の課題は対米自動車問題、金融から

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源巡る韓国世論に変化の兆しか 

  • 2

    「みすぼらしいけど頑張った」金正恩の本音トークに見る残念な勘違い

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    中国、海上自衛隊が南シナ海で行った対潜戦訓練を強…

  • 5

    それでも「無能」トランプが解任されない理由

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    米中貿易戦争第3ステージへ 慌てぬ中国、トランプは…

  • 1

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

  • 4

    大型ハリケーン「フローレンス」上陸迫る 米国直撃…

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    大型ハリケーンを前に動物が避難 フラミンゴは優雅…

  • 8

    空港にトイレより汚い場所があった 全員が触るのに

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    空港にトイレより汚い場所があった 全員が触るのに

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月