最新記事

英王室

「MeToo」賛同で黒づくめの英アカデミー、キャサリン妃の苦渋の決断

2018年2月26日(月)17時20分
松丸さとみ

キャサリン妃が何色のドレスを着るかに注目が集まった Chris Jackson-REUTERS

<セクシャル・ハラスメントと戦い、被害女性支援に連帯を示すために、出席者のほとんどが黒服を着た英国アカデミー賞。「王室プロトコル」では、黒は着用できないキャサリン妃が何色のドレスを着るかに注目が集まった>

米ゴールデン・グローブにならい黒で連帯

第71回英国アカデミー賞(BAFTA)が2月18日、発表された。英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた授賞式には、出席者のほとんどが黒の服を着て集まった。

これは、1月に米国で行われたゴールデン・グローブ賞で、「タイムズ・アップ」運動に連帯を示すために出席者が黒を着用した動きを受けたものだ。「タイムズ・アップ」とは、今年1月にハリウッドの著名人300人以上によって立ち上げられた、セクシャル・ハラスメントと戦い、被害女性を支援するための組織だ。タイム誌によると、#MeToo運動の次のステップとされている。#MeToo(私も)は、主にソーシャル・ネットワーク上で展開している、セクハラ被害を告発したり被害者に共感したりする動きだ。

英紙エクスプレスによると、BAFTAでも、ゴールデン・グローブ賞授賞式に倣って出席者は黒を着用してくるように事前にリクエストが出ていたという。そしてこの記事の中では、キャサリン妃が黒を着用するか否かは、予測がつかないと述べられていた。というのも、英国王室は政治的に中立でなくてはならず、「王室プロトコル」に従うならば、このような動きに賛同を示す黒は着用できないからだ。さらに、王室の伝統として、葬儀や戦没者記念日(11月11日)以外は黒を着用しないことになっている。

黒づくめの中、キャサリン妃は

BAFTAの当日は、英国の女優のみならずアンジェリーナ・ジョリーやジェニファー・ローレンス、サルマ・ハエックなどのハリウッド女優たちも、黒のドレスを着用して現れた。男性の出席者は「タイムズ・アップ」と書かれたピンバッチを襟に付けた。さらに、授賞式は女優のジョアンナ・ラムレイが司会を務め、2001年以来初の女性司会者となった。

また英紙ガーディアンによると、出席者の中には、恋人や配偶者などを同伴する代わりに、女性の地位向上に取り組む活動家を連れてきた人たちもおり、BAFTAは「セクハラ撲滅」のみならず、「男女平等」を求める声を上げる場ともなった。さらに英紙テレグラフなどによると、会場では「タイムズ・アップ、テリーザ」と書かれた黒のTシャツを着た集団が抗議活動を行なった。英国政府が現在審議している「ドメスティック・バイオレンスおよび虐待法案」の内容が不十分だとする女性活動家たちだった。「テリーザ」とは当然ながら、テリーザ・メイ首相だ。

こうした雰囲気の中、キャサリン妃が何色のドレスを着て来るかに注目が集まったが、現れたキャサリン妃は、濃い緑色のドレスに身を包んでいた。英国人デザイナー、ジェニー・パッカムが手がけたもので、光の当たり具合によっては黒に見えなくもないほどかなり濃い緑色だ。ウェストには黒いリボンを結び、これに合わせて黒のハイヒールとクラッチバッグを身につけていた。


MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月