最新記事

英王室

「MeToo」賛同で黒づくめの英アカデミー、キャサリン妃の苦渋の決断

2018年2月26日(月)17時20分
松丸さとみ

キャサリン妃が何色のドレスを着るかに注目が集まった Chris Jackson-REUTERS

<セクシャル・ハラスメントと戦い、被害女性支援に連帯を示すために、出席者のほとんどが黒服を着た英国アカデミー賞。「王室プロトコル」では、黒は着用できないキャサリン妃が何色のドレスを着るかに注目が集まった>

米ゴールデン・グローブにならい黒で連帯

第71回英国アカデミー賞(BAFTA)が2月18日、発表された。英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた授賞式には、出席者のほとんどが黒の服を着て集まった。

これは、1月に米国で行われたゴールデン・グローブ賞で、「タイムズ・アップ」運動に連帯を示すために出席者が黒を着用した動きを受けたものだ。「タイムズ・アップ」とは、今年1月にハリウッドの著名人300人以上によって立ち上げられた、セクシャル・ハラスメントと戦い、被害女性を支援するための組織だ。タイム誌によると、#MeToo運動の次のステップとされている。#MeToo(私も)は、主にソーシャル・ネットワーク上で展開している、セクハラ被害を告発したり被害者に共感したりする動きだ。

英紙エクスプレスによると、BAFTAでも、ゴールデン・グローブ賞授賞式に倣って出席者は黒を着用してくるように事前にリクエストが出ていたという。そしてこの記事の中では、キャサリン妃が黒を着用するか否かは、予測がつかないと述べられていた。というのも、英国王室は政治的に中立でなくてはならず、「王室プロトコル」に従うならば、このような動きに賛同を示す黒は着用できないからだ。さらに、王室の伝統として、葬儀や戦没者記念日(11月11日)以外は黒を着用しないことになっている。

黒づくめの中、キャサリン妃は

BAFTAの当日は、英国の女優のみならずアンジェリーナ・ジョリーやジェニファー・ローレンス、サルマ・ハエックなどのハリウッド女優たちも、黒のドレスを着用して現れた。男性の出席者は「タイムズ・アップ」と書かれたピンバッチを襟に付けた。さらに、授賞式は女優のジョアンナ・ラムレイが司会を務め、2001年以来初の女性司会者となった。

また英紙ガーディアンによると、出席者の中には、恋人や配偶者などを同伴する代わりに、女性の地位向上に取り組む活動家を連れてきた人たちもおり、BAFTAは「セクハラ撲滅」のみならず、「男女平等」を求める声を上げる場ともなった。さらに英紙テレグラフなどによると、会場では「タイムズ・アップ、テリーザ」と書かれた黒のTシャツを着た集団が抗議活動を行なった。英国政府が現在審議している「ドメスティック・バイオレンスおよび虐待法案」の内容が不十分だとする女性活動家たちだった。「テリーザ」とは当然ながら、テリーザ・メイ首相だ。

こうした雰囲気の中、キャサリン妃が何色のドレスを着て来るかに注目が集まったが、現れたキャサリン妃は、濃い緑色のドレスに身を包んでいた。英国人デザイナー、ジェニー・パッカムが手がけたもので、光の当たり具合によっては黒に見えなくもないほどかなり濃い緑色だ。ウェストには黒いリボンを結び、これに合わせて黒のハイヒールとクラッチバッグを身につけていた。


MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月