最新記事

平昌五輪

平昌五輪、氷点下のスタジアムに4時間以上座る開会式

2018年2月9日(金)16時30分
佐々木和義

寒さに備えるボランディア Mike Blake-REUTERS

<いよいよ平昌冬季五輪の開会式が開催されるが、予想を上回る不人気で部屋が埋まらないほか、平昌五輪の最大の課題は寒さだ>

平昌冬季五輪の開会式に出席する安倍首相は、江陵(カンヌン)に隣接する江原道の襄陽(ヤンヤン)国際空港に降り立った。同空港を利用する首脳の入国は2002年の開港以来はじめてで、中大型機の運航がほぼなかった襄陽国際空港は、五輪に合わせて保安活動を強化したばかりである。

五輪に合わせて韓国を訪問する要人は、ドイツのシュタインマイヤー大統領、オランダのルッテ首相、スウェーデンのカール16世グスタフ国王、リトアニア、エストニア、ラトビアのバルト3国の大統領など21の国と機関の26人だが、朝鮮半島を取り巻く米国・中国・日本・ロシアの4カ国からは日本の安倍晋三首相ただ1人で、各国首脳より北朝鮮の高官や選手団に関心が集まっている。

憲法上の元首である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長とともに金正恩朝鮮労働党委員長の実妹金与正(キム・ヨジョン)氏が訪韓した。故金日成国家主席の直系親族の韓国訪問は分断後はじめてである。

予想を上回る不人気で部屋が埋まらない

冬季五輪と3月に開催されるパラリンピックは、興行に加えて、宿泊、寒さ、北朝鮮の行動、競技場の事後活用が課題として挙げられていた。

開幕を4日後に控えた2018年2月5日末時点の入場券の販売率は77.3%で、少しでも関心を高めるため、自治体が観戦する住民にチケットを無料で配布し、教育部も実習として見学する予算を編成している。

通常は1部屋10万ウォン前後のホテルやモーテルの宿泊料が35万ウォンから一時は50万ウォンまで高騰したが、取り締まりを強化した成果から通常価格の1.5倍の10万ウォン台まで下がった。

予想を上回る不人気で部屋が埋まらず、 江原道庁の調査によると五輪期間の2月9日から25日の客室販売率は、雪上競技と開会式や閉会式が開かれる平昌は72%で、氷上競技が行われる江陵は57%、アルペン競技が開かれる旌善(チョソン)は37%にとどまり、平均は閑散期並みの平均65%となっている。

空室はソウルと江陵を結ぶ高速鉄道KTXが五輪期間中は江陵発午前1時まで延長されることが大きい。夕方以降に行われる競技を観たあとからでもソウルに移動できる上、ソウル駅から江陵駅まで片道2万7600ウォンと安価で、ソウル市内に宿泊して通ってもホテルと交通費を合わせて15万ウォンから20万ウォンで収まるのだ。

平昌五輪の最大の課題は寒さ

平昌五輪の最大の課題は寒さだろう。冬季五輪は江原道平昌郡をメイン会場に、江陵市でスケート競技、旌善郡でアルペン競技が行われる。雪はまったくといってよいほど積もっていないが、最低気温は氷点下10度から20度で日中も氷点下だ。

各国の要人が出席する開会式は夜8時の開始で、セキュリティ上、一般観覧者は2時間前までの入場となっており、式典と合わせると氷点下のスタジアムに4時間以上、着座することになる。

安全対策として韓国政府と江原道は、海外からの来場者に対応する五輪統合案内コールセンター(1330)を開設し、英語、日本語、中国語に対応する。宿泊や料理、交通、文化行事などの五輪関連情報に加え、通訳サービスも提供する。

現場には英語、日本語、中国語のいずれかの会話が可能な観光警察官が配備される。10か国語に対応する翻訳機を携行し、取締りや苦情処理のほか、観光案内にも対応する。黒いコートと黒のベレー帽を着用する観光警察官は、黄色いジャケットの警護担当やグレーのジャケットを着用する一般警察官との識別は容易だ。

代表や選手団を送り、韓国と合同チームで参加することになった北朝鮮が期間中に軍事行動を起こすとは考えられない。ノロウィルスの集団感染が発生しているが、五輪観戦は寒さ対策が一番だろう。在韓日本大使館のホームページなどを参照し、安全な観戦を心がけたい。

ニュース速報

ビジネス

ガソリンとディーゼル車の販売禁止、2032年に前倒

ワールド

仏大統領、英国人渡航者用ビザ導入模索の報道を否定

ビジネス

消費者物価、9月は7カ月ぶりに前年比+1.0% プ

ワールド

EU首脳、英離脱合意に自信 国境問題は進展なし

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷…

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信する…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    米中武力衝突の危険高まる、核使用の可能性も──米論文

  • 10

    拘留の亡命ウイグル族を釈放 マハティール首相、中…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月