最新記事

米政治

子供にトランプを褒めさせる、米保守派の不気味な風潮

2018年1月31日(水)16時00分
グレアム・ランクトゥリー

コールは15年から動画でトランプ支持を表明してきた Maria Young

<極右思想に傾倒してトランプを褒めそやす子供たちを、保守派が政治利用する不気味な風潮>

ドナルド・トランプ米大統領と、彼が支持する団体や選挙候補者をどれほど好きか――動画の中で熱いトランプ愛を語るミリー・マーチとコール・マカファティは、アメリカの12歳の少女と13歳の少年だ。

2人の様子を見ていると、口調がトランプそっくりなことに気付く。しかも2人ともトランプと同じく、カメラの前で緊張したりはしないようだ。

ミリーは昨年12月、アラバマ州の連邦上院補欠選挙の共和党候補ロイ・ムーアにインタビューして愛らしさを見せつけた(ムーアが過去に少女にわいせつ行為をした疑惑があることを考えると不気味だが)。

ポピュリズム的ナショナリストの政治資金管理団体であるアメリカ・ファースト・プロジェクトのジェニファー・ローレンス副会長と語り合ったときには、ミリーはこう言った。「(トランプを)好きなもう1つの理由は『南側の国境に壁を造る。そのためのカネを払うのは、私たちではなくメキシコだ』と言ってること」

極右のカムフラージュに

一方、コールは昨年10月、極右サイトのインフォウォーズを率いるアレックス・ジョーンズと対談。「(有名テレビキャスターの)メギン・ケリーとのインタビューを見ました。彼女はあなたをばかにする気でいたけど、あなたは逆に彼女が嘘つきだと証明してみせましたね」と持ち上げた。

これに対し、ジョーンズは子供相手にケリーのセクシーさを論評してみせた。「彼女が私をおだてて、はめようとしていることが分かったからね。彼女をセクシーだと言う人が多いが、私は魅力的だとは思わないな」

これらの動画を見れば、トランプ支持者が子供たちを極右の宣伝係に仕立て上げようとしているのは明らかだ。ジョーンズはコールを「グローバリスト」への抵抗の新たな波の一翼を担う存在だと持ち上げる。グローバリストへの抵抗とは、ユダヤ系団体が「反ユダヤ主義」の隠語と見なす表現だ。

「子供たちが武器として利用されている」と、作家でコロンビア大学教授のトッド・ギトリンは指摘する。ミリーやコールを登場させるのは極右の政治的立場を「カムフラージュ」するためであり、「人種差別や性的虐待を擁護する極右を心地よくて楽しげな存在」に偽装するためだという。

ギトリンによれば、子供を政治利用する試みは党派を問わずに行われている。民主党は16年の米大統領選で、「トランプは障害者をあざ笑う」と非難した脳性麻痺の12歳の少年を反トランプキャンペーンに活用した。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月