最新記事

米世論

「トランプはアメリカの恥」が過半数──米世論調査

2018年1月26日(金)17時45分
ライアン・シット

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席中のトランプ Carlos Barria-REUTERS

<アメリカ人の2人に1人がトランプ大統領を恥ずかしいと思っており、誇りに思う人の倍だった。人間性も不正直、指導力欠如と散々だが例外は......>

アメリカの大統領は良き手本であるべきだ、と米有権者はほぼ全員が信じているが、ドナルド・トランプ米大統領が良き手本とは大多数が思っておらず、むしろ彼が大統領で恥ずかしいと思っていることが、最近の世論調査で明らかになった。

米コネティカット州のキニピアック大学が1月25日に発表した世論調査によると、90%の有権者が大統領は「子どもに良い影響を与えるべきだ」と回答したが、トランプが良い影響を与えていると答えた人はわずか29%、そうでないと答えた人は67%に上った。性別、学歴、年齢、人種、という全てのカテゴリーに共通して、有権者の大半がトランプを「悪い手本」とみなしていた。今回の調査で唯一例外が目立ったのは、共和党支持者だ。共和党支持者の72%が、トランプは子どもに良い影響を及ぼす、と回答したのだ。

トランプを「恥ずかしいと思う」人は、「誇りに思う」と答えた人のほぼ2倍に上った。

「アメリカの有権者のうち、トランプが大統領で誇りに思う人はわずか27%、逆に恥ずかしいと思う人はほぼ2倍の53%に上っている」と、キニピアック大学世論調査機関のアシスタント・ディレクター、ティム・マロイはコメントした。

「トランプにとって、この結果は3つの不安要素をはらんでいる。支持率の低迷、トランプ自身の人格に対する低い評価、そして親たちが子どもの手本になる大統領を求めているという現実だ。今のホワイトハウスの主は、親たちが理想とする人物ではない」

共和党支持者には圧倒的

だが、今回の調査はトランプにとって悪い結果ばかりだったわけではない。トランプの支持基盤は今も盤石だ。共和党支持者の間では、彼の実績を「評価する」人が86%に上り、「評価しない」はわずか9%だった。

トランプの人間性に関する質問では、7項目中5項目で彼に否定的な回答が過半数を占めた。60%がトランプは「正直でない」と答え、59%が「リーダーシップがない」と答えた。

トランプに肯定的な人のほうが多かった2項目では、54%が「知的」と答え、60%が「強い」と答えた。

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月