最新記事

米世論

「トランプはアメリカの恥」が過半数──米世論調査

2018年1月26日(金)17時45分
ライアン・シット

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席中のトランプ Carlos Barria-REUTERS

<アメリカ人の2人に1人がトランプ大統領を恥ずかしいと思っており、誇りに思う人の倍だった。人間性も不正直、指導力欠如と散々だが例外は......>

アメリカの大統領は良き手本であるべきだ、と米有権者はほぼ全員が信じているが、ドナルド・トランプ米大統領が良き手本とは大多数が思っておらず、むしろ彼が大統領で恥ずかしいと思っていることが、最近の世論調査で明らかになった。

米コネティカット州のキニピアック大学が1月25日に発表した世論調査によると、90%の有権者が大統領は「子どもに良い影響を与えるべきだ」と回答したが、トランプが良い影響を与えていると答えた人はわずか29%、そうでないと答えた人は67%に上った。性別、学歴、年齢、人種、という全てのカテゴリーに共通して、有権者の大半がトランプを「悪い手本」とみなしていた。今回の調査で唯一例外が目立ったのは、共和党支持者だ。共和党支持者の72%が、トランプは子どもに良い影響を及ぼす、と回答したのだ。

トランプを「恥ずかしいと思う」人は、「誇りに思う」と答えた人のほぼ2倍に上った。

「アメリカの有権者のうち、トランプが大統領で誇りに思う人はわずか27%、逆に恥ずかしいと思う人はほぼ2倍の53%に上っている」と、キニピアック大学世論調査機関のアシスタント・ディレクター、ティム・マロイはコメントした。

「トランプにとって、この結果は3つの不安要素をはらんでいる。支持率の低迷、トランプ自身の人格に対する低い評価、そして親たちが子どもの手本になる大統領を求めているという現実だ。今のホワイトハウスの主は、親たちが理想とする人物ではない」

共和党支持者には圧倒的

だが、今回の調査はトランプにとって悪い結果ばかりだったわけではない。トランプの支持基盤は今も盤石だ。共和党支持者の間では、彼の実績を「評価する」人が86%に上り、「評価しない」はわずか9%だった。

トランプの人間性に関する質問では、7項目中5項目で彼に否定的な回答が過半数を占めた。60%がトランプは「正直でない」と答え、59%が「リーダーシップがない」と答えた。

トランプに肯定的な人のほうが多かった2項目では、54%が「知的」と答え、60%が「強い」と答えた。

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月