最新記事

スキャンダル

トランプが口止め料を払った不倫相手?のポルノ女優、怒涛の人生

2018年1月23日(火)16時00分
グレッグ・プライス

2008年、グラミー賞授賞式でのストーミー・ダニエルズ Danny Moloshok-REUTERS

<ポルノ女優として栄えある賞を総なめにしてきたダニエルズ、今年のアダルトエキスポではトランプの元不倫相手として注目を浴びそうだ>

ドナルド・トランプ大統領と不倫関係にあったと報じられたポルノ女優、ストーミー・ダニエルズが、ラスベガスで1月24日から開催されるアメリカ最大のアダルト展示会「アダルト・エンターテインメント・エキスポ」に出席する。開催中の1月27日には映画賞が発表される予定で、ダニエルズは複数の賞にノミネートされている。

アダルト映画制作会社ウィキッド・ピクチャーズに所属するダニエルズがノミネートされているのは、パフォーマンス、脚本、演出、年間最優秀監督賞の4部門。ストーミー・ダニエルズことステファニー・クリフォードは38歳で、ポルノ業界で長年活躍してきた有名スターだ。これまでも、ポルノ映画の演技賞と監督賞を数々受賞してきた。

たとえば2004年には業界誌「アダルト・ビデオ・ニュース」から最優秀新人賞を、2016年にはセックス産業のニュースメディア「XBIZ」から年間最優秀監督賞を贈られている。

トランプと同様、ダニエルズもかつて、自身の知名度を利用して政界進出を試みたことがある。2009年にはファンのグループが、ルイジアナ州選出の連邦上院議員候補としてダニエルズを擁立しようとした。ダニエルズは共和党員として登録し、国民の声を聴くためのリスニングツアーを実施。本気で立候補する意思があると公言した。

派手な夫婦喧嘩に爆破事件も?

しかし、ダニエルズの政治生命はすぐに絶たれた。夫婦喧嘩の最中に夫に暴力をふるい、DV(ドメスティックバイオレンス)容疑で逮捕されたのだ。喧嘩の原因は、洗濯物と光熱費の未払いだった。また、当時のダニエルズの政治顧問は、ニューオーリンズ中心街にある自身のアパートの外に停めてあった自家用車が爆破されたと主張した(ダニエルズがやったという証拠はない)。すでに注目の的だったダニエルズの人生はさらにドラマチックになった。

アダルト・エンターテインメント・エキスポではダニエルズはもはや常連だが、今年は普段にも増して注目が集まっている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が1月12日、トランプの顧問弁護士マイケル・コーエンが大統領選前の2016年にダニエルズに対し、2006年にトランプと不倫関係を持ったことを口外しないよう13万ドルの口止め料を払ったと報じたからだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月