最新記事

がん

血液検査で8種類のがんを発見する画期的な検査法が開発される

2018年1月23日(火)18時45分
松岡由希子

卵巣がんや肝がんなどの早期発見に期待 AzmanJaka-iStock

<米ジョンズ・ホプキンス大学の研究プロジェクトは、血液サンプルから8種類のがんを検知し、疾患の部位の特定にも役立つ新たな検査法「キャンサー・シーク」を開発した>

"生涯で2人1人ががんに罹患する"といわれる日本のみならず、米国でも、多くの人々が、がんに罹患している。アメリカ国立がん研究所(NCI)によると、2016年時点で、米国で新たにがんと診断された人は168万5210人にのぼり、59万5690人ががんによって命を落とした。

とりわけ罹患数が多いのは、乳がん、肺がん、前立腺がん、大腸がん、膀胱がん、腎臓がん、膵臓がんなどが挙げられている。いわずもがな、がんによる死亡を防ぐには、早期発見が重要だ。

血液サンプルから8種類のがんを検知する「キャンサー・シーク」

米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの研究プロジェクトでは、血液サンプルから8種類のがんを検知し、疾患の部位の特定にも役立つ新たな検査法「キャンサー・シーク」を開発し、2018年1月、学術雑誌「サイエンス」にその研究成果を発表した。

「キャンサー・シーク」は、がん細胞の特徴を示す16種類の遺伝子と8種類のタンパク質をもとに初期のがんを検知するというものだ。多くの場合、体内の細胞ががんにかかると、突然変異により制御不能になって増殖し続け、突然変異した細胞は、死滅すると、その一部が血中に流れ出る。

そこで、研究プロジェクトでは、血中に流れ出た細胞の遺伝子に着目。複数種のがんによって突然変異する16種類の遺伝子と、特定のがんの特徴を表わす8種類のタンパク質バイオマーカーを組み合わせ、卵巣がん、肝がん、胃がん、膵臓がん、食道がん、大腸がん、肺がん、乳がんの8種類のがんを発見する検査法を開発した。

がん検査の精度を評価する上で指標となるのが、がんであるものをがんと正しく判断する「感度」と、がんでない人をがんでないと正しく判断する「特異度」だ。

卵巣がんや肝がんなどの早期発見に期待

研究プロジェクトでは、進行度が1期から3期までのがん患者1005名を対象に「キャンサー・シーク」による血液検査を実施した。その結果、これら8種類のがんにおける感度は、概ね70%を記録したという。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

WHO事務局長、新型コロナ対応を擁護 トランプ氏の

ワールド

国連総長「今はコロナ対応評価すべきでない」、米大統

ワールド

NY州の新型コロナ死者、連日の最多更新 社会的距離

ワールド

欧州で新型コロナ感染拡大継続、抑制策解除は時期尚早

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 9

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月