最新記事

がん

血液検査で8種類のがんを発見する画期的な検査法が開発される

2018年1月23日(火)18時45分
松岡由希子

卵巣がんや肝がんなどの早期発見に期待 AzmanJaka-iStock

<米ジョンズ・ホプキンス大学の研究プロジェクトは、血液サンプルから8種類のがんを検知し、疾患の部位の特定にも役立つ新たな検査法「キャンサー・シーク」を開発した>

"生涯で2人1人ががんに罹患する"といわれる日本のみならず、米国でも、多くの人々が、がんに罹患している。アメリカ国立がん研究所(NCI)によると、2016年時点で、米国で新たにがんと診断された人は168万5210人にのぼり、59万5690人ががんによって命を落とした。

とりわけ罹患数が多いのは、乳がん、肺がん、前立腺がん、大腸がん、膀胱がん、腎臓がん、膵臓がんなどが挙げられている。いわずもがな、がんによる死亡を防ぐには、早期発見が重要だ。

血液サンプルから8種類のがんを検知する「キャンサー・シーク」

米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの研究プロジェクトでは、血液サンプルから8種類のがんを検知し、疾患の部位の特定にも役立つ新たな検査法「キャンサー・シーク」を開発し、2018年1月、学術雑誌「サイエンス」にその研究成果を発表した。

「キャンサー・シーク」は、がん細胞の特徴を示す16種類の遺伝子と8種類のタンパク質をもとに初期のがんを検知するというものだ。多くの場合、体内の細胞ががんにかかると、突然変異により制御不能になって増殖し続け、突然変異した細胞は、死滅すると、その一部が血中に流れ出る。

そこで、研究プロジェクトでは、血中に流れ出た細胞の遺伝子に着目。複数種のがんによって突然変異する16種類の遺伝子と、特定のがんの特徴を表わす8種類のタンパク質バイオマーカーを組み合わせ、卵巣がん、肝がん、胃がん、膵臓がん、食道がん、大腸がん、肺がん、乳がんの8種類のがんを発見する検査法を開発した。

がん検査の精度を評価する上で指標となるのが、がんであるものをがんと正しく判断する「感度」と、がんでない人をがんでないと正しく判断する「特異度」だ。

卵巣がんや肝がんなどの早期発見に期待

研究プロジェクトでは、進行度が1期から3期までのがん患者1005名を対象に「キャンサー・シーク」による血液検査を実施した。その結果、これら8種類のがんにおける感度は、概ね70%を記録したという。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月