最新記事

中国経済

訪中の仏マクロン大統領、市場開放要請 50超の企業幹部が同行

2018年1月10日(水)08時56分

1月9日、中国訪問中のフランスのマクロン大統領は、貿易赤字削減のため、中国に対しより一層の市場開放を求める発言を繰り返した。写真は北京で握手するマクロン氏(左)と中国の習近平国家主席(2018年 ロイター)

中国訪問中のフランスのマクロン大統領は9日、貿易赤字削減のため、中国に対しより一層の市場開放を求める発言を繰り返した。

50余りの企業の幹部らを引き連れ、3日間にわたる公式訪問中のマクロン大統領は欧州連合(EU)の他の経済大国、ドイツが連立協議で難航し、英国がEUを離脱するという状況下では、欧州の代表格だ。大統領就任以来、労働市場改革を成し遂げ、今年の成長率も上方修正され、経済は堅調に推移している。5年間の任期中、毎年訪中する意向も表明した。

ただ、成果は芳しくない。比較的小規模な商談は成立しているものの、原子力大手アレバによる原発の使用済み燃料再処理施設建設計画は進んでおらず、航空機大手のエアバスによる100機以上の商談も契約成立まではこぎ着けられなかったとみられる。

トランプ米大統領が昨年訪中した際には、米航空機大手ボーイングによる300機の売却が発表された。

マクロン大統領は8日、中国の習近平国家主席との会談で、中国による外国企業に対する規制に触れ、規制を続ければ共倒れになると述べ、市場開放を迫った。中国政府の発表によると、李克強首相は「フランスによる投資、輸出の拡大を歓迎する」と大統領に伝えた。

中国の電子商取引最大手アリババグループの馬雲会長は北京で、マクロン大統領の発言に理解を示した上で「互いにより市場開放を図るべきだ」と記者団に語った。

フランスの対中貿易赤字は300億ユーロ(360億ドル)。

[北京 9日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時300円超 米

ワールド

教師の武装化、学校での大量殺人防止につながる=トラ

ビジネス

焦点:中銀のデジタル通貨発行、強力な金融政策効果=

ワールド

減税が投資増と生産性向上につながることを期待=米ミ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月