最新記事

デンマーク

ヒュッゲな国の「世界一幸せな刑務所」の狙いとは?

2017年12月25日(月)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ストーストレム刑務所は近隣の集落をモデルに広場や通りを整備した AP THAI/Twitter

<世界一幸福なヒュッゲの国デンマークでは受刑者まで幸せ!?>

罪を犯した者を新たな人生へと導く「地球上で最も人道的な刑務所」が開設された。デンマーク南東部ファルスター島のストーストレム刑務所は、「再犯率を下げる」をコンセプトに設計された最新の刑務所。広々とした独房(個室)や芝生の生い茂る広場、モダンなキッチンまで備えた刑務所で「贅沢な服役」を終えた囚人の更生に効果があると期待されている。

美術館?大学? いいえ刑務所です

ストーストレム刑務所の外観は一見して刑務所とは思えない。英デイリーメールは、「シンプルなスカンジナビア風の外観を持つ、大学のキャンパスのようだ」と伝えている。

1億ポンド(約151億円)の建設費と5年の歳月をかけて建てられた施設の内部はさらに驚きだ。200人の囚人を収容可能な各独房には大きな窓があり、ベッド、冷蔵庫、22インチのテレビ、読書灯付きの机、収納ダンスが揃う。共有スペースでは他の受刑者と共に料理や世間話を楽しめるという。プライベートが確保されたバスルームまであり、これまでの窮屈で寒々しい刑務所のイメージとは似ても似つかない。

アメリカの建築情報サイト「The Architect's Newspaper」によると、ストーストレム刑務所は社会復帰に向けたリハビリテーションを重視している。画一的な塀の中での生活で社会的スキルを失わないよう、そして受刑者だけでなくスタッフも快適に過ごせるよう配慮された。

報道によると、ストーストレム刑務所に収容される受刑者のほとんどは暴行罪によるもの。犯罪の再犯率を下げるには、出所後の生活環境に慣れるよう「可能な限り自由」が認められる住環境が重要になるという。もちろん刑務所にはくまなく監視カメラが設置されているが、周囲に広がる田園風景を臨むことのできる住環境は決して悪くはないだろう。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに360人の感染確認

ビジネス

トヨタ、通期営業利益予想を維持 4━6月期は98.

ワールド

今年のフィリピンGDPは5.5%減に、当初予想より

ワールド

米大統領選、両党候補が党大会で指名受諾できず コロ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港先市町村にも拡大か

  • 3

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 4

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 5

    大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を…

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えて…

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月