最新記事

セクハラは#MeTooで滅ぶのか

女性に自慰を見せつける男性心理をセックスセラピストに聞く

2017年12月2日(土)10時20分
アンジェリーナ・チャーピン

RUSSELL COBB-IKON IMAGES/GETTY IMAGES


171205cover_150.jpg<ニューズウィーク日本版2017年12月5日号は「セクハラは#MeTooで滅ぶのか」特集。「#MeToo」を合言葉にしたセクハラ告発が世界に拡大中だが、なぜ男性は女性に対する性的虐待を止められないのか。「告発」最新事情や各国への広がり、男性心理も分析したこの特集より>

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハービー・ワインスティーンのセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)問題は、各界の大物を次々と巻き込む一大スキャンダルに発展した。被害女性による告発の波は、ケビン・スペイシーやダスティン・ホフマンといった名優にも飛び火。政界でも現職上院議員やジョージ・ブッシュ元大統領がやり玉に挙げられた。

なかでも最も嫌な気分にさせられたワインスティーンのセクハラの1つは、女性に自慰を見せつける行為だ。TVジャーナリストのローレン・シバンの告発によると、ワインスティーンはレストランで彼女にキスを迫って拒否されると、「立って見てろ」と言って自慰を始め、近くの鉢植えに精液をぶちまけた。

もちろん、この種の性的倒錯はハリウッドだけの話ではない。地下鉄の車内や市街地の路上では毎日、女性の目の前で性器を露出する男たちが現れる。

なぜ男性はこうした行動に出るのか。ロサンゼルスの「健全なセックス・センター」で臨床ディレクターを務めるセックスセラピストのアレクサンドラ・ケイトハキスにジャーナリストのアンジェリーナ・チャーピンが話を聞いた。

――自慰の見せつけは、身体的接触や言葉を伴わない性的暴力の1つ。この行為はなぜ、性的な捕食者(プレデター)に好まれるのか?

強い露出癖を持つ人間は、意図的に被害者にショックを与えようとする。理由は、怒っているから。この行為は女性に対する復讐だ。この種の男性は、女性が最も脅威に感じる体の部位を見せつけることで、「性的敵意」または「性的怒り」を獲物にぶつけている。

彼らの強い怒りの原因は幼少期の性的虐待にある。例えば、母親から感情的な虐待を受けていたり、母親が虐待癖のある父親から守ってくれなかったり。一部の男性は成長すると、性的行動を通じて怒りを女性にぶつけるようになる。彼らはそれ以外に感情の処理方法を知らない。

――女性を物理的に暴行せずに目の前で自慰をする理由は?

彼らは自分をレイプ魔と思いたくない、あるいはそのように見られたくないのかもしれない。自慰行為をするだけなら、誰も暴行していないと自分に言い聞かせることができる。

――背後にある心理的動機は?

自分の力を実感できること。彼らは獲物を追い詰めることで、ある種の満足感を得ている。この行為の背後には、極めて原始的で子供じみた本能的衝動もある。「僕を見て」と叫ぶのとほとんど同じだ。

奇妙に聞こえるかもしれないが、「自分は求められている」と感じている可能性もある。「この女は目の前にいて、こっちを見てるんだから、俺が欲しいんだ」と感じているのかもしれない。同時に、その女性が怯え、恥辱を感じているという事実が、彼らに自分の力を実感させ、性的興奮を刺激する。

【参考記事】セクハラ告発#MeTooは日本にも広がるか
【参考記事】セクハラ・性暴力に「俺は無関係」と言えない理由

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月