最新記事

セクハラは#MeTooで滅ぶのか

女性に自慰を見せつける男性心理をセックスセラピストに聞く

2017年12月2日(土)10時20分
アンジェリーナ・チャーピン

RUSSELL COBB-IKON IMAGES/GETTY IMAGES


171205cover_150.jpg<ニューズウィーク日本版2017年12月5日号は「セクハラは#MeTooで滅ぶのか」特集。「#MeToo」を合言葉にしたセクハラ告発が世界に拡大中だが、なぜ男性は女性に対する性的虐待を止められないのか。「告発」最新事情や各国への広がり、男性心理も分析したこの特集より>

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハービー・ワインスティーンのセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)問題は、各界の大物を次々と巻き込む一大スキャンダルに発展した。被害女性による告発の波は、ケビン・スペイシーやダスティン・ホフマンといった名優にも飛び火。政界でも現職上院議員やジョージ・ブッシュ元大統領がやり玉に挙げられた。

なかでも最も嫌な気分にさせられたワインスティーンのセクハラの1つは、女性に自慰を見せつける行為だ。TVジャーナリストのローレン・シバンの告発によると、ワインスティーンはレストランで彼女にキスを迫って拒否されると、「立って見てろ」と言って自慰を始め、近くの鉢植えに精液をぶちまけた。

もちろん、この種の性的倒錯はハリウッドだけの話ではない。地下鉄の車内や市街地の路上では毎日、女性の目の前で性器を露出する男たちが現れる。

なぜ男性はこうした行動に出るのか。ロサンゼルスの「健全なセックス・センター」で臨床ディレクターを務めるセックスセラピストのアレクサンドラ・ケイトハキスにジャーナリストのアンジェリーナ・チャーピンが話を聞いた。

――自慰の見せつけは、身体的接触や言葉を伴わない性的暴力の1つ。この行為はなぜ、性的な捕食者(プレデター)に好まれるのか?

強い露出癖を持つ人間は、意図的に被害者にショックを与えようとする。理由は、怒っているから。この行為は女性に対する復讐だ。この種の男性は、女性が最も脅威に感じる体の部位を見せつけることで、「性的敵意」または「性的怒り」を獲物にぶつけている。

彼らの強い怒りの原因は幼少期の性的虐待にある。例えば、母親から感情的な虐待を受けていたり、母親が虐待癖のある父親から守ってくれなかったり。一部の男性は成長すると、性的行動を通じて怒りを女性にぶつけるようになる。彼らはそれ以外に感情の処理方法を知らない。

――女性を物理的に暴行せずに目の前で自慰をする理由は?

彼らは自分をレイプ魔と思いたくない、あるいはそのように見られたくないのかもしれない。自慰行為をするだけなら、誰も暴行していないと自分に言い聞かせることができる。

――背後にある心理的動機は?

自分の力を実感できること。彼らは獲物を追い詰めることで、ある種の満足感を得ている。この行為の背後には、極めて原始的で子供じみた本能的衝動もある。「僕を見て」と叫ぶのとほとんど同じだ。

奇妙に聞こえるかもしれないが、「自分は求められている」と感じている可能性もある。「この女は目の前にいて、こっちを見てるんだから、俺が欲しいんだ」と感じているのかもしれない。同時に、その女性が怯え、恥辱を感じているという事実が、彼らに自分の力を実感させ、性的興奮を刺激する。

【参考記事】セクハラ告発#MeTooは日本にも広がるか
【参考記事】セクハラ・性暴力に「俺は無関係」と言えない理由

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月