最新記事

セクハラは#MeTooで滅ぶのか

女性に自慰を見せつける男性心理をセックスセラピストに聞く

2017年12月2日(土)10時20分
アンジェリーナ・チャーピン

RUSSELL COBB-IKON IMAGES/GETTY IMAGES


171205cover_150.jpg<ニューズウィーク日本版2017年12月5日号は「セクハラは#MeTooで滅ぶのか」特集。「#MeToo」を合言葉にしたセクハラ告発が世界に拡大中だが、なぜ男性は女性に対する性的虐待を止められないのか。「告発」最新事情や各国への広がり、男性心理も分析したこの特集より>

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハービー・ワインスティーンのセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)問題は、各界の大物を次々と巻き込む一大スキャンダルに発展した。被害女性による告発の波は、ケビン・スペイシーやダスティン・ホフマンといった名優にも飛び火。政界でも現職上院議員やジョージ・ブッシュ元大統領がやり玉に挙げられた。

なかでも最も嫌な気分にさせられたワインスティーンのセクハラの1つは、女性に自慰を見せつける行為だ。TVジャーナリストのローレン・シバンの告発によると、ワインスティーンはレストランで彼女にキスを迫って拒否されると、「立って見てろ」と言って自慰を始め、近くの鉢植えに精液をぶちまけた。

もちろん、この種の性的倒錯はハリウッドだけの話ではない。地下鉄の車内や市街地の路上では毎日、女性の目の前で性器を露出する男たちが現れる。

なぜ男性はこうした行動に出るのか。ロサンゼルスの「健全なセックス・センター」で臨床ディレクターを務めるセックスセラピストのアレクサンドラ・ケイトハキスにジャーナリストのアンジェリーナ・チャーピンが話を聞いた。

――自慰の見せつけは、身体的接触や言葉を伴わない性的暴力の1つ。この行為はなぜ、性的な捕食者(プレデター)に好まれるのか?

強い露出癖を持つ人間は、意図的に被害者にショックを与えようとする。理由は、怒っているから。この行為は女性に対する復讐だ。この種の男性は、女性が最も脅威に感じる体の部位を見せつけることで、「性的敵意」または「性的怒り」を獲物にぶつけている。

彼らの強い怒りの原因は幼少期の性的虐待にある。例えば、母親から感情的な虐待を受けていたり、母親が虐待癖のある父親から守ってくれなかったり。一部の男性は成長すると、性的行動を通じて怒りを女性にぶつけるようになる。彼らはそれ以外に感情の処理方法を知らない。

――女性を物理的に暴行せずに目の前で自慰をする理由は?

彼らは自分をレイプ魔と思いたくない、あるいはそのように見られたくないのかもしれない。自慰行為をするだけなら、誰も暴行していないと自分に言い聞かせることができる。

――背後にある心理的動機は?

自分の力を実感できること。彼らは獲物を追い詰めることで、ある種の満足感を得ている。この行為の背後には、極めて原始的で子供じみた本能的衝動もある。「僕を見て」と叫ぶのとほとんど同じだ。

奇妙に聞こえるかもしれないが、「自分は求められている」と感じている可能性もある。「この女は目の前にいて、こっちを見てるんだから、俺が欲しいんだ」と感じているのかもしれない。同時に、その女性が怯え、恥辱を感じているという事実が、彼らに自分の力を実感させ、性的興奮を刺激する。

【参考記事】セクハラ告発#MeTooは日本にも広がるか
【参考記事】セクハラ・性暴力に「俺は無関係」と言えない理由

ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、米国の高インフレ「予想外に長引く可能

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月