最新記事

アメリカ政治

トランプ大型減税が成立しても、2018年は民主党に有利

2017年12月21日(木)18時41分
サム・シュワーツ

公約の大型減税成立は近いと盛り上がるトランプと議会共和党の面々(12月20日) Carlos Barria-REUTERS

<トランプが公約に掲げた大型減税が成立すれば、来年の中間選挙までに支持率も回復するはずと共和党の期待は膨らむが、世論調査は逆の結果を示している>

米共和党は12月20日、上下院で税制改革法案を通過させた。あとはドナルド・トランプ米大統領の署名を待つだけだ。トランプが公約に掲げた重要法案が成立するのは初めだ。これで支持率が改善し、2018年秋の中間選挙で議席減を避けられると期待している。だが世論調査を見ると、その読みは甘いようだ。

CNNの最新の調査では、米民主党は得票率予測で18ポイント共和党をリードしている。現時点で選挙が実施されたら、民主党の候補に投票すると答えた人は56%、共和党候補に入れると答えた人は38%だ。無党派層の有権者にかぎっても、民主党候補に入れる人は51%、共和党候補は35%で、16ポイント差がついている。

しかも、民主党支持で有権者登録をしている人は、共和党支持者に比べ、来秋の中間選挙で投票を行う意欲がはるかに高い。中間選挙での投票に「極めて」または「非常に」熱意を持っていると答えた民主党支持者は48%で、共和党支持者の32%を大きく上回った。

これらの世論調査には、共和党が期待する大型減税による浮揚効果は含まれていない。だが、大型減税効果で共和党の支持率がどのぐらい伸びるかは、ここ数週間、活発に議論されてきた。

金持ち減税で家計は潤うか?

共和党のロビイストで税制改革の推進者であるグローバー・ノークイストは「減税による強固な経済成長」が共和党を有利にすると予測している。「減税で家計に余裕ができ(世論の風向きが変わって)、共和党が上下院で多くの議席を獲得するだろう」

一方、世論調査分析サイト「ファイブサーティーエイト・ドットコム」の創設者ネート・シルバーの見方は異なる。彼は20日のツイートで、「有権者は今までの経験から『減税の恩恵を受けるのは我々庶民ではない』と感じている」「そう簡単に共和党有利には働かない」と書いた。

米メディアでも、中間所得層以下の人々にとっては減税は一時的で、いちばん得をするのはトランプをはじめとする富裕層と企業だとの解説が多い。

CNNの調査結果を見ても、ノークイストよりシルバーの読みのほうが当たっているようだ。共和党の支持率は34%で、不支持率は59%と、現状では有権者の評価はかなり厳しい。一方、民主党は支持と不支持が46%対48%とほぼ同じだ。

さらに共和党にとって痛手となるのは、トランプ政権の統治に対する広範な不信感だ。CNNの調査では、アメリカ人の68%が現政権の統治スタイルに不満があると答えた。ホワイトハウスと議会の上下院を支配している共和党は、現状に対する不満をほかに転嫁できない。中間選挙ではトランプ政権の失点が共和党の得票率にもろに響くことになる。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

シンガポール、第2四半期に景気後退入り 過去最悪

ワールド

台湾外相、米厚生長官と会見「中国が台湾に圧力、第2

ワールド

バイデン氏、今週半ばにも副大統領候補を発表=関係筋

ワールド

豪就業者数、7月はほぼ横ばい ビクトリア州では減少

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月