最新記事

事件

パナマ文書報道に参加の記者暗殺 自動車に爆弾を仕掛けられ

2017年10月17日(火)16時34分

10月16日、世界の富豪や権力者が租税回避地を利用している実態を暴露したパナマ文書報道に参加したジャーナリストが、自宅のある地中海のマルタで自動車爆弾により殺害された。写真は現場付近で捜査にあたる警察関係者ら(2017年 ロイター/Darrin Zammit Lupi)

世界の富豪や権力者が租税回避地を利用している実態を暴露したパナマ文書報道に参加したジャーナリストが16日、自宅のある地中海のマルタで自動車爆弾により殺害された。

ダフネ・カルアナガリチアさん(53)は同国では調査報道で知られる著名なジャーナリスト。彼女が運営するブログは、政党を問わず政治家の汚職を追及し、高い支持を集めていた。

事件の30分前にもカルアナガリチアさんはブログを更新しており「あちこちに不正を行っている人たちがいる。事態は深刻だ」と書いていた。

地元住民によると、カルアナガリチアさんが自宅を出て、自分の車を運転していたところ、突然車両が爆発した。爆風で車体が道路の外へ吹き飛ばされるほどの威力だった。

同国のムスカット首相は「報道の自由に対する野蛮な攻撃」と事件を非難するとともに、米連邦捜査局(FBI)が捜査協力を申し出たことを明らかにした。

カルアナガリチアさんは今年ブログで、ムスカット首相の妻がパナマ企業の実質的なオーナーであり、同企業とアゼルバイジャンにある複数の銀行口座の間で多額の資金が動いていたと報じていた。首相は不正を否定するとともに、カルアナガリチアさんを提訴していた。

地元テレビ局はカルアナガリチアさんが2週間前、脅迫を受けたとして警察に被害届を提出していたと報じた。

[バレッタ(マルタ) 16日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

焦点:ダイキン海外展開、アフリカに照準 インド成功

ワールド

ブレグジット、理論上は撤回可能=モスコビシ欧州委員

ワールド

トルコ経済への攻撃は国旗への攻撃と同じ=エルドアン

ワールド

米国企業が対中関税に警鐘、値上げで自国の損害「劇的

MAGAZINE

特集:CIAに学ぶ最高のリーダー論

2018-8・28号(8/21発売)

最強スパイ機関CIAの指導者育成プログラムとは? 元担当者が明かすフラットな組織が最も機能する理由

人気ランキング

  • 1

    6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    脱北に失敗した北朝鮮人夫婦の「究極の選択」

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    ヨーロッパによみがえった奴隷貿易

  • 6

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月