最新記事

中国政治

「共産党の闘争は文革の再演」

2017年8月4日(金)15時30分
長岡義博(本誌編集長)

後継者とも目された孫政才があえなく失脚したのは習近平の意にそぐわなかったから? Feng Li/GETTY IMAGES

<秋の党大会を前にした突然の次期トップ候補失脚は嵐の前兆か? 在米中国人評論家が語る「習近平独裁」の行方>

今年秋に19回目となる党大会を開く中国共産党が揺れている。その最大の震源は、ニューヨークに住む中国人富豪で、ツイッターと動画を使って連日、高官たちの腐敗情報を暴露している郭文貴(クオ・ウエンコイ)だ。

郭の最大のターゲットは、習近平(シー・チンピン)国家主席の盟友で反汚職運動の先頭に立つ共産党最高指導部の1人、王岐山(ワン・チーシャン)。王は暴露が始まった4月から約3カ月間、公の場から姿を消した。先日、中国のテレビでようやく「復活」したが、その姿はやつれ、以前の精彩をすっかり欠いていた。

党大会を前にした政治闘争の中心にいるのは、独裁体制を固めつつあるとされる習だ。国内政治だけでなく、外交的にも岐路に立つ「習近平の中国」はどこへ向かうのか。独自の中国政治分析で知られる在米政治評論家の陳破空(チェン・ポーコン)に、長岡義博・本誌編集長が聞いた。

***


――郭文貴が共産党幹部のスキャンダルの暴露を続けている。どう評価するか。
中国にはこのような詩がある。「坑灰未冷山東乱 劉項原来不読書」。秦の始皇帝が「焚書坑儒」によって知識人を弾圧し支配を固めようとしたが、結局秦を倒したのは書物を読まない劉邦や項羽のような人物だった、という意味だ。

共産党は知識人である(反体制活動家の)劉暁波(リウ・シアオポー)を葬り去った。しかし、劉邦や項羽と同様に知識人ではない郭は、共産党にどう批判されても全く気にしない。そして高官批判を続け、その暴露情報は彼らを脅威にさらしている。この詩は中国の歴史の教訓だ。

――彼の暴露情報は秋の党大会に影響するか。
可能性はある。王は従来の観測どおり最高指導部に残留する、引退する、あるいは習と政治闘争を始める、という3つの可能性がある。いずれにせよ、党大会へ向けた「変数」が大きくなっている。

【参考記事】中国共産党のキングメーカー、貴州コネクションに注目せよ

――次期トップ候補の1人だった孫政才(スン・チョンツァイ)前重慶市党委員会書記の最近の失脚は、郭と関係があるのか。
郭がネットで孫の「政治的才能」を称賛した直後、孫は失脚した。もともと習と孫の関係は悪くなかったとされる。習に続く「第6世代」の指導者とみられた孫が失脚したのは、(独裁体制を固めようとする)習が後継者は不要だと考えるようになり、孫が恨みを抱くようになって、それを習に知られた......というのが1つの見立てだ。

習に恨みを抱くようになった孫の下に、習に反感を持つ政治家が集まるようになり、習がそれを疑った可能性もある。

こういった動きは文革を彷彿させる。毛沢東(マオ・ツォートン)にとって後継者は大問題だったが、最初に選んだ劉少奇(リウ・シャオチー)(国家主席)、林彪(リン・ピアオ)(国防相)をいずれも死に追いやった。習は最初の任期が終わらないうちに後継者問題を起こしている。それだけ権力闘争が激しくなっている。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 2

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 3

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 4

    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラー…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    ポンペオの「Huaweiは嘘つき」発言を検証する

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月