最新記事

ロシア

ロシア、米大使館員など755人を追放。対ロ制裁強化案の報復で

2017年8月1日(火)18時30分
グラハム・ ランクツリー

プーチンはてのひらを返したトランプに怒っているのか?  Alexander Zemlianichenko-REUTERS

<大統領選介入疑惑やシリア問題などで悪化の一途をたどる米ロ関係がますます険悪に>

ロシア政府は、ロシア国内にあるアメリカ大使館や領事館で働く外交官など職員755名を国外退去にする、という方針を発表した。これを受けて米国務省は7月31日、「遺憾であり、必要のない措置だ」と述べた。

国務省当局者は、本誌に宛てた声明の中で、「国外退去による影響と今後の対応について、現在検討中だ」と述べた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は7月30日、国営テレビのニュース番組で行われたインタビューに応えて、ロシアに駐在するアメリカ政府職員を9月1日までに出ていくよう要求すると述べた。ロシア政府はさらに、ロシア国内にあるアメリカの外交施設2カ所を閉鎖する。

【参考記事】プーチン、トランプ狂想曲を笑う----「政治的な統合失調症」とも

2016年12月29日、バラク・オバマ米大統領(当時)は、2016年大統領選挙でロシアがスパイ行為と選挙介入を行ったことを理由に、ロシアの外交施設を閉鎖したほか、ロシアの外交官35人を追放すると発表した。

今回のプーチンの措置は、それと比べても厳しい措置だ。アメリカ上下両院でロシアへの制裁強化法案が可決されたことを受けた報復措置だ。ドナルド・トランプ大統領もこの法案に署名する予定だと、ホワイトハウスは明らかにしている。

親ロ派トランプも仲良くできない

アメリカは、モスクワに大使館、サンクトペテルブルク、エカテリンブルク、ウラジオストクに領事館を置いており、全体で約1210人の職員がいる。2013年にアメリカ国務省監察官が公表した報告によると、そのうち934人は「現地採用」のロシア人だ。

アメリカ国務省に対し、今回の退去命令で現地採用のロシア人職員に影響があるかについて尋ねたが、回答は得られなかった。

トランプはこれまで、ロシアに対する制裁強化に強硬に反対してきた。それどころか、2016年12月にオバマ政権が閉鎖していたアメリカ国内のロシア外交施設2カ所の返還について、密かに検討していた。それが制裁強化法案に署名するとしたら、よほどロシア疑惑のプレッシャーが強くなっている表れだろう。

ロシアに対しては2012年以降、人権侵害や汚職などに加え、2014年3月にウクライナのクリミア地方をロシア連邦に編入したことに対して、一連の制裁が科されてきた。

【参考記事】プーチンの思うつぼ? 北方領土「最終決着」の落とし穴

トランプは今回の制裁法案可決に関して、大好きなツイッターでも沈黙を守っている。

マイク・ペンス米副大統領は7月31日、次のようにツイートした。「ロシアは引き続き、武力を使って国境線を引き直し、主権国家の民主主義を侵そうとするだろう」

さすがのトランプも、仲が良いとはなかなか認めにくい雰囲気になってきたことは確かだ。

(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月