最新記事

人種問題

ボストンで極右系集会に抗議デモ4万人 乱闘などで33人が逮捕

2017年8月21日(月)08時21分

8月19日、米東部ボストンで極右系グループによる演説集会に抗議して、数万人がデモ行進を行った(2017年 ロイター/Stephanie Keith)

米東部ボストンで19日、極右系グループによる演説集会に抗議して、数万人がデモ行進を行った。

ボストンの公園で行われた集会では、集会参加者と反対派の衝突を避けるため、発言者は警察が設置した囲いの中で演説を行った。

警察によると、公園の周囲は抗議デモに参加する約4万人で埋め尽くされた。

米バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義団体と反対派が衝突し、反対派に車が突入して死傷者が出たことを受け、ボストンの当局者は集会の警備計画を慎重に立てた。集会には警官500人を動員したほか、車の突入を阻止するため、バリケードを設置し、大型トラックを公園沿いに停車させた。

今回のデモに関連した乱闘などで33人が逮捕されたものの、犠牲者は出なかった。

極右系グループの演説の聴衆は数十人程度。演説場所と抗議グループの間にバリケードが設置されていたことや抗議の声にかき消されて、演説は外まで聞こえてこなかった。演説集会は予定よりも1時間早く終了した。

トランプ大統領は19日、ツイッターに「偏見と憎悪に抗議するボストンのデモ参加者を称賛したい」と投稿。「われわれの国は間もなく一つになる」と表明した。

[ボストン 19日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

焦点:米金融規制の緩和法案可決、さらなる緩和はある

ビジネス

需給維持に緩和継続が重要、効果強まれば色々考える=

ビジネス

トヨタ、燃料電池と水素タンクの国内生産拡大 20年

ビジネス

NY連銀総裁、LIBORに代わる指標金利への迅速な

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 6

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 7

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 10

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月