最新記事

海外ノンフィクションの世界

海の水は宇宙からやって来た? 私たちはまだ海を知らない

2017年7月12日(水)16時51分
千葉啓恵 ※編集・企画:トランネット

オニイトマキエイ(『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』より) ©Getty Images

<科学エッセイと一流の写真家による105点の写真が収められた『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』。想像もつかなかった世界が、未だにこの地球に存在することを実感させられる>

私たちは、生命の誕生をもたらした海に対して、何らかの思いやイメージを抱いている。だが実際には、海について何をどれくらい知っているだろうか?

例えば、海の水はどこから来たのか、生命の誕生は――。

海の起源については、主に2つの理論がある。1つは、地球が冷えるにつれて水が出現したというもの。こちらのほうが広く支持されている。もう1つの有力な説は、水は別の場所からやって来たというものだ。彗星などの他の天体(巨大な氷の塊のようなもの)が地球に衝突し、地表で溶けたとする説である。

生命の誕生については、カンブリア爆発という言葉を聞いたことがあるかもしれない。約5億4000万年前に起こった急激な変化で、これにより初期の単純な単細胞生物と多細胞生物がみるみる枝分かれし、多くの新種が出現した。

だが、このカンブリア爆発についても、生物がこの時になぜ、どのようにして、豊かな多様性を発展させたかというと、単純な答えはない。さまざまな理論が次々に現れては否定されてきた。

こういった疑問の答えを求めて、40億年の歴史を一気に俯瞰する――しかも、美しい海の写真と共に――と、生命のスケールは想像を絶するほど長く、人類の歴史などほんの一瞬に過ぎないことがよく分かる。『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』(ルイス・ブラックウェル著、筆者訳、創元社)は、科学エッセイと一流の写真家による数々の写真によって、読者を「始まりも終わりもない海への旅」へと誘う。

流れる溶岩の写真は地球の誕生を、春のビスケー湾の衛星写真は生物が地球に住めるようになった理由の1つである植物プランクトンの大増殖を彷彿させるだろう。

本書には、海が育んだ生物たちも続々と登場し、生態系における彼らの役割が語られる。浅い場所で死んだ生物は、マリンスノーとして深海に降り注いでそこに住む生物たちの食物となる。グレート・バリア・リーフでは、サンゴ礁が驚くほど多様な生物を支えている。また、大洋のほとんどを占める深海の世界と、その探査についても紹介する。

人類が好き勝手に振る舞える時間は終わった

一方、人類は海岸で海の幸を漁る生活を続けるうちに船を作ることを覚え、海を航路として利用するようになった。交易が盛んになれば、海洋国家が誕生する。このように人類はさまざまな形で海を利用してきたし、今でも海からエネルギーを得る方法などが追求されている。

ただ、最近は海から得られる資源にも限りがあることがわかってきた。人類が好き勝手に振る舞える時間は終わり、持続可能な方法で海を利用し、共生していく方法を探るべき時が来ている。

海と人間との関係は、物的世界だけでなく芸術の世界にもおよぶ。芸術家にとって、海はいつの時代も思いを巡らす魅力的な場所であり、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』や葛飾北斎の木版画「神奈川沖浪裏」など、数々の芸術や音楽、文学での創作活動を刺激してきた。

現在の地質時代は、人類がすべての生物に影響をおよぼす「人新世」と呼ばれており、海に対する影響も計り知れないほど大きいものになっている。プラスチックや廃棄物などの汚染物が還流に巻き込まれた「太平洋ゴミベルト」のように、どの政府も管理していない、誰も関わりたがらない問題もある。

本書では、海と私たち自身の未来を守るため、状況を改善し軌道を修正する方策についても考察している。

【参考記事】「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

ニュース速報

ワールド

ウクライナ首相が辞意表明、大統領を批判したとされる

ビジネス

中国の長城汽車、米GMのインド工場を取得へ=関係筋

ワールド

米軍駐留基地へのミサイル攻撃、神の加護示す=イラン

ビジネス

仏ルノー、2019年世界販売は3.4%減 中国部門

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 2

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 3

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 4

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国の破産も招きかねない家計債務の実態

  • 4

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 5

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 6

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 7

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 10

    ニューズウィークが選ぶ『スター・ウォーズ』ライト…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 8

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    軍事力は世界14位、報復を誓うイラン軍の本当の実力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月