最新記事

ISIS

失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで発見

2017年7月27日(木)14時30分
モーゲンスタン陽子

失踪に先立ち、少女はイスラム厳格派と呼ばれるサラフィー主義に傾倒し改宗、学校に頭部を覆うベールを被って行ったり、ラマダンの断食をしたりしたという。両親はそんな娘に理解を示し、コーランを贈ったりもしたが、フェイスブック上でジハーディスト(聖戦主義者)とコンタクトを取っていたことには気づかなかったようだ。

ドイツ当局は昨年9月に少女がモスルにいる可能性を家族に伝えていたが、それ以上の詳しい情報はなかった。ARDによると、今年の1月に少女本人がモスルから故郷の姉に連絡を取ったようだが、その後はまた音信不通になった。

イラクで起訴の可能性も

独連邦情報局によると、ドイツから930人以上がISIS戦闘員になるためにイラクやシリアに渡り、その20%が若い女性や少女だという。今回保護されているフランス、モロッコ、カナダなどさまざまな国籍の26人の女性たちのなかにもさらに3人のドイツ人がおり、うちひとりは身元が確認されている。女性たちは現在バグダードに移送され、アメリカ軍の協力のもと手当てを受けている。

少女がすぐにドイツに送還されるかは未定だ。先述のイラク人ジャーナリストのムサウィがインタビューの一部について語ったARDのビデオで、ドレスデン検察のローレンツ・ハーゼが、少女がイラクで裁判にかけられる可能性、外国人ということで追放される可能性、そしてドイツで失踪中の未成年ということでドイツに委ねられる可能性をあげている。

少女がどのように組織の活動に関わったかがわからない現状ではなんとも言えないが、違法入国としてなら3年半服役させられる可能性はあるようだ。一方で、死刑を宣告される可能性を指摘する報道も出ている。

【参考記事】「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...
【参考記事】モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月