最新記事

テロ

ラマダン中の「全面戦争」をISISが宣言した

2017年6月1日(木)10時00分
ジャック・ムーア

昨年のラマダン期間中、ISISの支持者は米フロリダ州オーランド(死者49人)、フランスのニース(同86人)、バングラデシュのダッカ(同22人)、トルコのイスタンブール(同41人)、イラクのバグダッド(同323人)で大規模なテロ事件を起こした。

フランス北部のルーアン近郊で2人の男がキリスト教の司祭を刃物で殺害した事件も、ラマダン中に発生した。ISISのオンライン週刊誌アルナバは、この期間に500人以上を殺害したとして成果を誇った。

欧米とアラブ諸国の有志連合は、イラクとシリアの両方でISISを軍事的に追い詰めている。今もISISの支配下にあるシリアの主要都市はパルミラとラッカのみ。イラクでは第2の都市モスルの一部を押さえているだけだ。しかも米軍当局者によれば、夏の終わりにはラッカとモスルも奪回できる見込みだという。

【参考記事】ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもしれない

それでもISISは、国際テロの戦線を逆に拡大させようとしている。ISISが犯行声明を出したイギリス国内のテロ事件は、先週のマンチェスター自爆テロで2度目だ。ISISの支持者は既にフランス、ベルギー、ドイツ、イギリスの首都でテロ攻撃を成功させている。

イギリスのメイ首相はマンチェスターでの事件後、テロ警戒レベルを最高の「危機的」に引き上げた。この措置によって、イギリス政府は最大5000人の兵士を国内の要所に配備できるようになる。

[2017年6月 6日号掲載]

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工…

  • 5

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 6

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 7

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月