最新記事

アメリカ政治

トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

2017年5月22日(月)18時43分
クリス・リオッタ

大統領専用機から降りてくるトランプの側近たち Kevin Lamarque-REUTERS

<これ以上トランプの下で働いては自分の経歴に回復不能の傷がつく。しかしトランプの場合、報復も怖い>

履歴書を更新する。転職の見通しについて陰で情報を交換する。「最近どうしてる? コーヒーでも飲みながら話そう」というお決まりのメールを出し始める。

まるで破産を申請したベンチャー企業の最後の日々のようだが、実はこれ、ドナルド・トランプ米大統領のホワイトハウス。先週水曜のワシントン・ポスト紙によると、批判の渦中にある政権のせいで自分の評価に永遠の傷がついてしまうのを恐れて、数人のスタッフと側近が転職を画策し始めたという。

【参考記事】ロシア疑惑の特別検察官任命、その意味とは

トランプの下で働くのはいったいどんなに大変だろうという囁きは、もう随分から聞こえていた。報道によれば、ここ数週間トランプは、自分のスタッフを怒鳴り散らすという。それも、大統領選中のトランプ陣営とロシアの関係や、トランプの数限りない失言、裁判所につぶされた大統領令などについて次々と記者から聞かれ、何とか話の辻褄を合せようとてんてこ舞いをさせられているときに。

政権に漂う死臭

トランプ弾劾の可能性が議会でも公然と話されるようになった今、トランプの日々のスケジュールや会議、ブリーフィングなどを管理し、つつがなく進行させてくれている人々は間もなくいなくなるかもしれない。このまま残れば、トランプにクビにされるか政権が空中分解するか、とにかく自分たちの経歴に生涯消えない汚点が残ってしまいかねない。

【参考記事】共和党はなぜトランプを見限らないのか

先週水曜には、民主党のアル・グリーン下院議員(テキサス州選)が連邦議員として初めて公にトランプの弾劾を要求した。「一部のホワイトハウス職員は、弾劾を自虐的なジョークにし始めた」と、ワシントン・ポストの記事は伝えた。「中級レベルの側近は、転職コンサルタントに連絡し、履歴書を送り始めた。そして少なくとも一人の上級スタッフは友人に、ホワイトハウスを辞めた後の求人にはどんなものがあるか問い合わせている」

トランプの支持率は就任来の最低を更新しているが、ホワイトハウスの信用が揺らいでいるのはトランプ以外の誰かのせいだ、とトランプは言う。水曜に米沿岸警備隊士官学校で演説したトランプは、自分を批判するメディアや民主党のほうこそ悪いとしてこう言った。「歴史上、これ以上ひどい扱い、あるいは不当な扱いを受けた政治家はほかにいない」

【参考記事】トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

本来ホワイトハウスは、米政界で出世しようと思う者にとってチャンスの宝庫だ。だが今転職先を探す職員たちにとっての問題は、トランプ政権から漂う腐臭をそそぎ、トランプの報復も招かずに鳥のようにきれいに飛び立つことができるかどうかだ。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月