最新記事

米大統領選

自分が大統領にならなければイスラエルは破壊される──トランプ

2016年9月8日(木)17時42分
ジャック・ムーア

AIPACで演説するトランプ Joshua Roberts-REUTERS

<また出た、トランプの脅迫発言。中身は空っぽでも、イランの最高指導者を怒らせるなど実害は少なくない>

 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプは5日、自分が大統領にならなければ、イランとアメリカの核合意のせいでイスラエル国家は消滅すると語った。

 オハイオ州の地元紙の報道によると、トランプは同州クリーブランドで開かれた労組幹部の会合で、イランの核開発計画の縮小を条件にイランへの経済制裁を解除するオバマの核合意が実施されれば、「イスラエルは破壊される」と述べた。「ただし、私が大統領になったら、イスラエルは安泰だ」

 イランの保守的な宗教指導者らは日常的にイスラエルの破壊を呼び掛けている。そのため、昨年7月アメリカはじめ6カ国とイランが核合意を締結すると、イスラエルの対外情報機関モサドの長官はイスラエルはさらなる脅威に直面すると猛反発した。

【参考記事】イランの弾道ミサイル実験は核合意違反にならない?──イスラエルは激怒

ハメネイ師も反発

 イスラエル当局によると、制裁解除でイランには数十億ドルの外資が流入する。この資金の一部がレバノンのヒズボラやパレスチナのハマスなど、イスラエルと敵対する武装組織に流れることは避けられないという。

 トランプは以前から核合意を激しく批判。自分が大統領になったら、完全に破棄すると主張してきた。

 今年3月、ユダヤ系ロビー団体「米・イスラエル・広報委員会(AIPAC)」の会合で行った演説では、自分が大統領に就任したら「真っ先に取り組むのは、イランとの破滅的な合意を無効にすることだ」と語った。

【参考記事】米、イスラエルに過去最大の武器供与提案──イラン核合意の償い?

 この発言はイラン宗教界の最高権威、アリ・ハメネイ師の逆鱗に触れたようだ。アメリカの次期大統領が合意を尊重しないなら、ハメネイは合意文書を燃やすと宣言したと、イランの国営メディアが今年6月に伝えた。

「イラン・イスラム共和国は相手より先に核合意を侵すことはない。約束を忠実に守ることはコーランの教えだからだ。だが、合意を破棄するという大統領候補の脅し文句が現実になるなら、われわれは合意文書に火をつける」

ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月