最新記事

人権問題

豪元判事から政府へ「難民1人の受け入れと交換で自分が収容所に入る」

2016年9月2日(金)16時00分
シボーン・オグレイディ

David Gray-REUTERS

<難民申請者を国外の離島の収容所に隔離するオーストラリア政府に対する批判が高まっている。心を痛めた高齢の元判事は、自分が収容所に入る代わりに難民1人を受け入れる「身柄交換」を申し出た>(写真はシドニーで行われた難民政策に対する抗議デモ)

 オーストラリアの元判事ジム・マッケン(88)は輝かしい人生を送ってきた。法廷弁護士や労働裁判所の所長を歴任し、2003年にはオーストラリアの勲章を授与されている。

 そのマッケンが今、自分の国籍まで放棄して、オーストラリアから遠く離れた劣悪な環境の難民収容所に移住することを決意した。しかしそれには条件がある。自分の身代わりに難民1人をオーストラリアに受け入れることだ。

「1人の難民がオーストラリアに受け入れられ、生活できる機会を与えられるなら、身代わりになる」と、今週マッケンは英ガーディアン紙に語った。

 マッケンはピーター・ダットン移民・国境警備相に送った手紙で、この身柄交換を提案した。

【参考記事】希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

 オーストラリアでは、難民認定を求めて海から入国しようとした移民や難民を、本土から遠く離れた南太平洋の島国ナウルやパプアニューギニア・マヌス島の収容所に送っている。

 難民はここで数カ月から数年間待たされるが、英紙ガーディアンは先月、内部資料をもとに、収容所で人権侵害や性的虐待が横行し、難民の自傷行為も起きていることを告発した。報道を受け、オーストラリア政府は国際的な批判に晒されている。

【参考記事】オーストラリアの難民虐待に学びたい?デンマークから視察団

 収容所には定員を超えた難民が詰め込まれ、オーストラリア政府の監視は行き届いておらず、結果として、オーストラリアへ逃れようと命がけで海を渡ってきた人々が危険な状況下に置かれている。

【参考記事】難民収容所で問われるオーストラリアの人権感覚

「このような提案が普通ではないことはよくわかっている。しかし私はまったく真剣だ」と、マッケンは手紙で述べる。「難民の身代わりとして、晩年をマヌスやナウルで過ごすのは名誉なことだと考える」

 今回の申し出はマッケンの人柄を反映しているようだ。シドニー郊外ピットウォーターの地元情報サイトは2014年に、マッケンを「まるでわんぱく小僧のようで、心の底から寛大、そして極めて誠実な人物」と紹介している。

 マッケンが担当大臣に手紙を送ったのは先月だが、まだ返事は受け取っていない。

From Foreign Policy Magazine

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 8

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月