最新記事

人権問題

豪元判事から政府へ「難民1人の受け入れと交換で自分が収容所に入る」

2016年9月2日(金)16時00分
シボーン・オグレイディ

David Gray-REUTERS

<難民申請者を国外の離島の収容所に隔離するオーストラリア政府に対する批判が高まっている。心を痛めた高齢の元判事は、自分が収容所に入る代わりに難民1人を受け入れる「身柄交換」を申し出た>(写真はシドニーで行われた難民政策に対する抗議デモ)

 オーストラリアの元判事ジム・マッケン(88)は輝かしい人生を送ってきた。法廷弁護士や労働裁判所の所長を歴任し、2003年にはオーストラリアの勲章を授与されている。

 そのマッケンが今、自分の国籍まで放棄して、オーストラリアから遠く離れた劣悪な環境の難民収容所に移住することを決意した。しかしそれには条件がある。自分の身代わりに難民1人をオーストラリアに受け入れることだ。

「1人の難民がオーストラリアに受け入れられ、生活できる機会を与えられるなら、身代わりになる」と、今週マッケンは英ガーディアン紙に語った。

 マッケンはピーター・ダットン移民・国境警備相に送った手紙で、この身柄交換を提案した。

【参考記事】希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

 オーストラリアでは、難民認定を求めて海から入国しようとした移民や難民を、本土から遠く離れた南太平洋の島国ナウルやパプアニューギニア・マヌス島の収容所に送っている。

 難民はここで数カ月から数年間待たされるが、英紙ガーディアンは先月、内部資料をもとに、収容所で人権侵害や性的虐待が横行し、難民の自傷行為も起きていることを告発した。報道を受け、オーストラリア政府は国際的な批判に晒されている。

【参考記事】オーストラリアの難民虐待に学びたい?デンマークから視察団

 収容所には定員を超えた難民が詰め込まれ、オーストラリア政府の監視は行き届いておらず、結果として、オーストラリアへ逃れようと命がけで海を渡ってきた人々が危険な状況下に置かれている。

【参考記事】難民収容所で問われるオーストラリアの人権感覚

「このような提案が普通ではないことはよくわかっている。しかし私はまったく真剣だ」と、マッケンは手紙で述べる。「難民の身代わりとして、晩年をマヌスやナウルで過ごすのは名誉なことだと考える」

 今回の申し出はマッケンの人柄を反映しているようだ。シドニー郊外ピットウォーターの地元情報サイトは2014年に、マッケンを「まるでわんぱく小僧のようで、心の底から寛大、そして極めて誠実な人物」と紹介している。

 マッケンが担当大臣に手紙を送ったのは先月だが、まだ返事は受け取っていない。

From Foreign Policy Magazine

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月