最新記事

ロシア

プーチン謎の娘婿がロシア富豪番付で4位に浮上

2016年8月26日(金)15時47分
ダミアン・シャルコフ

Sergei Karpukhin-REUTERS

<謎のベールに包まれているプーチンの2人の娘。その二女の夫とされるキリル・シャマロフの一族は、プーチン政権に近い石油化学企業の経営幹部として多額の利益を得ていたことがわかった> (写真はプーチンの娘婿とされるキリル・シャマロフ)

 プーチン大統領の娘婿と言われる男性は、ロシアでもトップクラスの富豪一族の1人――経済誌フォーブス(ロシア版)の記事が報じた。

 プーチンには2人の娘がいるが、どちらも子どもの時以降、プーチンと一緒に公の場に出てきたことはなく、クレムリンは、2人が何をしていて、どんな外見かについても公表したことはない。

【参考記事】秘密のベールに包まれたプーチンの娘を追え!

 ロイター通信など複数メディアの調べによると、カテリーナ・チホノワと名乗る女性がプーチンの二女で、その配偶者とされるキリル・シャマロフはプーチンの義理の息子にあたる。

結婚で潤った一族

 キリルの資産は、カテリーナと結婚してから増え始めたと、ロイターは報じる。それだけでなく、フォーブスによると、シャマロフの一族全体がこの結婚から利益を得たという。

 フォーブスによる富豪一族のランキングで、シャマロフ一族は4位に入った。キリルは石油化学大手「シブール」の取締役で同社株の21.3%を所有し、その評価額は23億ドルと見積もられる。またキリルの父ニコライの資産は1億ドルとみられている。

【参考記事】ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

 メディアから「プーチンの義理の息子」と名指しされて以降、ロシア野党はキリルのビジネス関連の取引を監視している。野党政治家で著名ブロガーのアレクセイ・ナワルニーは、今年2月にプーチンを汚職容疑で告発した。昨年シブールが政府から17億5000万ドルの投資を受けたことが利益供与にあたるのではないかというものだ。

 モスクワの裁判所はこの告発について、ロシア憲法にもとづく大統領特権があるとして棄却した。

 プーチンとホッケーや柔道の練習を共にする側近、ローテンバーグ一族はロシアで2番目の富豪。トップは、複数のエネルギー企業を所有する起業家ミハイル・グツェリエフの一族だ。

 フォーブスからの取材に対してシブールは、「投資家、株主、経営幹部の私生活についてはコメントしない」と回答している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、25年にE15ガソリン通年販売承認へ=関係筋

ワールド

インドのインフレ期待は今後安定、低下する可能性=中

ビジネス

ユーロ圏、23年第4四半期に妥結賃金の伸び鈍化=E

ビジネス

トヨタ春闘、初回での回答持ち越し 労組は最高水準の
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中