最新記事

ロシア

プーチン謎の娘婿がロシア富豪番付で4位に浮上

2016年8月26日(金)15時47分
ダミアン・シャルコフ

Sergei Karpukhin-REUTERS

<謎のベールに包まれているプーチンの2人の娘。その二女の夫とされるキリル・シャマロフの一族は、プーチン政権に近い石油化学企業の経営幹部として多額の利益を得ていたことがわかった> (写真はプーチンの娘婿とされるキリル・シャマロフ)

 プーチン大統領の娘婿と言われる男性は、ロシアでもトップクラスの富豪一族の1人――経済誌フォーブス(ロシア版)の記事が報じた。

 プーチンには2人の娘がいるが、どちらも子どもの時以降、プーチンと一緒に公の場に出てきたことはなく、クレムリンは、2人が何をしていて、どんな外見かについても公表したことはない。

【参考記事】秘密のベールに包まれたプーチンの娘を追え!

 ロイター通信など複数メディアの調べによると、カテリーナ・チホノワと名乗る女性がプーチンの二女で、その配偶者とされるキリル・シャマロフはプーチンの義理の息子にあたる。

結婚で潤った一族

 キリルの資産は、カテリーナと結婚してから増え始めたと、ロイターは報じる。それだけでなく、フォーブスによると、シャマロフの一族全体がこの結婚から利益を得たという。

 フォーブスによる富豪一族のランキングで、シャマロフ一族は4位に入った。キリルは石油化学大手「シブール」の取締役で同社株の21.3%を所有し、その評価額は23億ドルと見積もられる。またキリルの父ニコライの資産は1億ドルとみられている。

【参考記事】ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

 メディアから「プーチンの義理の息子」と名指しされて以降、ロシア野党はキリルのビジネス関連の取引を監視している。野党政治家で著名ブロガーのアレクセイ・ナワルニーは、今年2月にプーチンを汚職容疑で告発した。昨年シブールが政府から17億5000万ドルの投資を受けたことが利益供与にあたるのではないかというものだ。

 モスクワの裁判所はこの告発について、ロシア憲法にもとづく大統領特権があるとして棄却した。

 プーチンとホッケーや柔道の練習を共にする側近、ローテンバーグ一族はロシアで2番目の富豪。トップは、複数のエネルギー企業を所有する起業家ミハイル・グツェリエフの一族だ。

 フォーブスからの取材に対してシブールは、「投資家、株主、経営幹部の私生活についてはコメントしない」と回答している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月