最新記事

ロシア

プーチン謎の娘婿がロシア富豪番付で4位に浮上

2016年8月26日(金)15時47分
ダミアン・シャルコフ

Sergei Karpukhin-REUTERS

<謎のベールに包まれているプーチンの2人の娘。その二女の夫とされるキリル・シャマロフの一族は、プーチン政権に近い石油化学企業の経営幹部として多額の利益を得ていたことがわかった> (写真はプーチンの娘婿とされるキリル・シャマロフ)

 プーチン大統領の娘婿と言われる男性は、ロシアでもトップクラスの富豪一族の1人――経済誌フォーブス(ロシア版)の記事が報じた。

 プーチンには2人の娘がいるが、どちらも子どもの時以降、プーチンと一緒に公の場に出てきたことはなく、クレムリンは、2人が何をしていて、どんな外見かについても公表したことはない。

【参考記事】秘密のベールに包まれたプーチンの娘を追え!

 ロイター通信など複数メディアの調べによると、カテリーナ・チホノワと名乗る女性がプーチンの二女で、その配偶者とされるキリル・シャマロフはプーチンの義理の息子にあたる。

結婚で潤った一族

 キリルの資産は、カテリーナと結婚してから増え始めたと、ロイターは報じる。それだけでなく、フォーブスによると、シャマロフの一族全体がこの結婚から利益を得たという。

 フォーブスによる富豪一族のランキングで、シャマロフ一族は4位に入った。キリルは石油化学大手「シブール」の取締役で同社株の21.3%を所有し、その評価額は23億ドルと見積もられる。またキリルの父ニコライの資産は1億ドルとみられている。

【参考記事】ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

 メディアから「プーチンの義理の息子」と名指しされて以降、ロシア野党はキリルのビジネス関連の取引を監視している。野党政治家で著名ブロガーのアレクセイ・ナワルニーは、今年2月にプーチンを汚職容疑で告発した。昨年シブールが政府から17億5000万ドルの投資を受けたことが利益供与にあたるのではないかというものだ。

 モスクワの裁判所はこの告発について、ロシア憲法にもとづく大統領特権があるとして棄却した。

 プーチンとホッケーや柔道の練習を共にする側近、ローテンバーグ一族はロシアで2番目の富豪。トップは、複数のエネルギー企業を所有する起業家ミハイル・グツェリエフの一族だ。

 フォーブスからの取材に対してシブールは、「投資家、株主、経営幹部の私生活についてはコメントしない」と回答している。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月