最新記事

ロシア

ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

反プーチン派指導者に次々と襲いかかる悲劇はまた闇に葬られるのか

2015年3月4日(水)14時53分
デニス・リンチ

「口止め」か 政権の秘密を握っていたとも言われるネムツォフの著書を抱く葬儀参列者 Maxim Shemetov-Reuters

 ロシアの野党指導者ボリス・ネムツォフが、モスクワのクレムリン近くで殺害された事件の背景はまだ不明だ。しかし彼の支持者の間では、この事件が野党勢力への打撃を狙ったものだという疑いが強い。今週モスクワで営まれたネムツォフの葬儀に参列した支持者たちは、偉大な指導者の1人を失った野党勢力の未来が今後どうなるか、暗澹たる気持ちで会場を後にした。

 ネムツォフの殺害は、野党勢力への共感や支持を集めるかもしれない。しかし反対に、プーチン政権に反発する人々を震え上がらせ、政治的に危険な論調から距離を置くようにさせるかもしれない。専門家は多くは、野党勢力の未来を悲観的に見ている。

 チェスの元世界チャンピオンでプーチン批判の先鋒でもあるガリル・カスパロフはロイターのインタビューに答えて、「プーチンの野蛮な独裁からロシアが10年前の穏やかな時代に戻る望みはもう無くなった」と沈痛な様子で語った。ネムツォフの殺害は「野党勢力で活動する者全員にとって、すべてが無に帰したことを意味する」

 ネムツォフの損失が大きいのは、彼と野党政治家アレクセイ・ナワルニーの他に、広い支持を集められる野党指導者がほとんどいないからだ。ネムツォフは、2012年に他の著名な野党指導者(ミハイル・カシヤノフ元首相、ウラジーミル・ルイシコフ元下院議員ら)と共に野党連合「ロシア共和党・人民自由党」を結成しているが、彼の仲間たちは知名度があっても有権者への影響力が弱い。

 ナワルニーは、野党側が言うところの「でっち上げの横領や詐欺」の容疑や自宅軟禁を破った容疑で何度も逮捕されている。昨年ナワルニーは横領罪で執行猶予付き3年6カ月の有罪判決を受け、彼の弟は3年6カ月の実刑判決を受けた。近親者を制裁することでナワルニーを黙らせようという脅迫だと見られている。

「民衆の心をつかむような盛り上がりを、野党勢力はつくりだすことができない」と、英BBCのロシア政治アナリストは指摘する。「ロシア国民が革新的な変化を恐れていることは理解できる。多くの人にとって旧ソ連の崩壊はまだ記憶に新しく、他の大方の事柄よりも安定が重要視される」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月