最新記事

米銃産業

史上最悪フロリダ銃乱射事件に使われた人気ライフル

2016年6月28日(火)19時00分
エリック・マーコウィッツ

John Sommers II-REUTERS

<フロリダのゲイ向けナイトクラブで49人を撃ち殺すのに使われた銃は、銃業界が10年ほど前に「一般向け」に開発してドル箱に育てた攻撃用ライフルだった> 写真は全米ライフル協会(NRA)の展示会

 2016年6月12日にフロリダ州オーランドで起きた銃乱射事件で使用された攻撃用ライフルは、ニューハンプシャー州に本社を置く銃器メーカー、シグ・ザウエルによって製造されたものだ。

 シグ・ザウエルは2004年、倒産の危機に瀕していた。質の高いピストルで有名な同社だったが、当時の売上は横ばいだった。「倒産寸前で、いまにも崩壊しそうな企業だった」と同社のロン・コーエンCEOは「マネージメント・トゥデイ」誌に2010年に掲載された記事のなかで回想している。

 その後、コーエンCEOが下したある決断によってシグ・ザウエルは倒産を免れ、アメリカ第4位の銃器メーカーへと変貌を遂げた。コーエンは、一般市民向けの攻撃用ライフルを新たな主力製品に加えたのだ。

 それから約10年。同社の攻撃用ライフル「シグ・ザウエルMCX」は今月、フロリダ州オーランドにあるLGBT(性的少数者)向けナイトクラブ「パルス」でオマー・マティーンによって使用され、49人を殺害し、53人を負傷させた。あの、米史上最悪の銃乱射事件に使われたのがこの銃なのだ。

【参考記事】銃乱射はテロか憎悪か、思い当たり過ぎるフロリダの闇
【参考記事】レイプ犯と銃乱射犯に共通する「本物の男」信仰

 マティーンが攻撃用ライフルを使ったのは偶然ではない。アメリカのピストル所有者数は減少していたが、ビル・クリントン元大統領が1994年に法制化した「攻撃用武器規制法」が10年で有効期限切れになったことから、米銃器メーカーは一斉に一般市民向けの攻撃用ライフル販売を開始した。今ではそれがアメリカの銃器産業の収益の柱に成長している。

【参考記事】【動画】銃規制めぐり怒りのサボタージュ、米議会下院の法案否決で民主党議員座り込み

 アメリカの自動車産業が利益率の高いSUVという売れ筋商品を発見したのと同じように、銃器産業も、人間を大量に殺害する以外ほとんど実用性がない製品への需要を開発し、利益を生み出すことに成功したのだ。

チャンスをつかむ

 業界のこの転換は、シグ・ザウエルにプラスに作用した。かつてイスラエル軍で指揮官を務めていたコーエンは、この好機をとらえて、消費者向けのハイエンドな攻撃用ライフルを製造。それがシグ・ザウエルの業績を好転させた。

 2004年当時、同社の従業員数は130人だった。「シグ・ザウエルはそのころ、攻撃用ライフルはほとんど販売していなかった」と語るのは、2002~2005年に同社で警察・軍向け販売担当のバイスプレジデントを務めていたジム・プレッジャーだ。「本当に魅力的なライフルのシリーズを製造し始めた」のは、コーエンがCEOになってからだという。「価格は若干高めだが人気があった」

 今同社は、全米の製造工場に1,000人以上の従業員を抱え、1年で4万丁以上の銃器を販売するメーカーに成長した。

ニュース速報

ワールド

中国、3月の全人代延期案を2月24日に討議 政協も

ワールド

マカオ、今月20日からカジノ営業再開へ

ビジネス

ソフトバンクG出資のOYO、19年3月通期は損失6

ビジネス

香港キャセイ航空、上期大幅減益を予想 新型肺炎によ

MAGAZINE

特集:新型肺炎 どこまで広がるのか

2020-2・18号(2/11発売)

感染者数がSARSを超えた新型コロナウイルス── 「起きるべくして起きた」中国発の感染症を止める処方箋

人気ランキング

  • 1

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレス社会」

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 4

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 7

    マクロンも羨む日本の定年引き上げ、フランスで「70…

  • 8

    新型コロナウイルス、初の死者で「信認低下」懸念 …

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 1

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待されたのは猫か少女か?

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウイルス

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

  • 6

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    新型肺炎:1人の医師の死が引き起こす中国政治の地…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月