最新記事

仕事術

やることリストよりすごいやったことリストの効用

2016年6月7日(火)16時00分
L・V・アンダーソン(スレート誌編集者)

「やったことリスト」に魅力を感じる人は多い。「I Done This(私はこれをやった)」という直球勝負の(英語の文法はおかしいけれど)名前が付いたアプリも登場している。

 この種のリストを作る狙いは単純だ。成果を記録して把握すると、自分がテキパキ仕事を片付けているような気がして気持ちよくなり、活力が湧いてきて、生産性が高まる──と期待しているのだ。

「やったことリストを作れば、自分がやったことすべてを自分の手柄として認められる。やることリストや事前の計画に含まれていなかった成果も把握できる」と、「I Done This」のアプリを作ったジャネット・チョイとウォルター・チェンは効用を説明する。

 私が表計算ソフトに仕事の記録を付け始めたきっかけは、3つあった。1つは、上司から記事の本数を増やすよう言われたこと。もう1つは、1日の最後に「その日にやったことの中で、誇りに思えることを少なくとも2つ書き記す」よう勧める記事を読んだこと。そしてもう1つは、認知行動療法のセラピストから、有害な思い込みを克服するために日記を書くよう勧められたことだ。

自己評価の低さを克服

 私が抱いていた有害な思い込みの1つは、おそらく多くの人も身に覚えのあるものだろう。自分の実力に自信がなく、自分が今の職に就く資格のない「詐欺師」であるかのように感じていたのだ。記事の本数を増やせと上司に言われたために、その思い込みが一層強まった。

 記事をすべて記録するようにしたおかげで、この思い込みを乗り越えられた。記事がずらりと並んだリストを見れば、自分のことを詐欺師だと思う余地はない。やったことリストは、私の生産性を向上させ、自己評価の低さを克服する上で効果てきめんだった。

 自分の仕事の全体像を把握して、現実的な目標を立てるのにも役立った。アンドリーセンなど一部のやったことリスト提唱者は、1日や1週間の終わりに成果を確認した後は、リストやカードを捨てるなり無視するなりするよう勧めている。私のやり方は違う。1つのリストに、次々と書き足していくことの効用を実感している。

 1年ごとの上司との面接の際には漠然とした印象や記憶ではなく、実際のデータに基づいてその年の仕事量を示せる。しかも、どういう記事をどのくらい書いているかが一目瞭然なので、どの分野の記事を増やしたいかといった目標を立てやすい。過去の仕事の中身を曖昧にしか把握していない人は、将来の目標も漠然としたものにならざるを得ない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

三菱重、革新軽水炉のコンセプト確立し基本設計進める

ワールド

韓国の尹大統領、経済的ショックへの対処約束 市場安

ワールド

ロシア、「圧倒的多数が賛成」で数日中に編入強行へ 

ビジネス

米ジェフリーズ、6─8月期は利益が予想上回る 自己

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月