最新記事

仕事術

やることリストよりすごいやったことリストの効用

自分が達成した成果をすべて「見える化」して やる気と自信をみなぎらせれば生産性もアップする

2016年6月7日(火)16時00分
L・V・アンダーソン(スレート誌編集者)

ATTILA KIS/iStockphoto

<やることリストの活用には困難が付き物で挫折もしやすいが、やったことリストなら楽しみながら生産性を向上させることができる>

「やることリスト(to-do list)」に対しては、愛憎半ばする思いがある。計画を立てて課題を処理するよう自分を促すには間違いなく有効な手段だが、残っている大量の課題を見せつけられるのは気がめいる。

 1項目に「完了」マークを付けても、課題の山は一向に減らない。やってもやっても、死ぬまで仕事がなくならないという現実を思い知らされる。

 だから私は、「やることリスト」を途中で放棄する癖が付いてしまった。私のコンピューター上には、未達のリストの残骸が山を成している。

 それでも、1つだけ更新し続けているリストがある。これだけはやめる気になれない。13年以降、執筆・編集した記事やブログの投稿、出演したポッドキャストや動画を表計算ソフトにすべて記録している。

 おかげで昨年書いた記事が486本、一昨年が310本、その前の年が292本だとすぐに分かる(記事の本数が増えているのは、長い記事より短いブログ投稿を優先させる方針に転換したためだ)。リストを見れば、この3年間の仕事がすべて一目で見て取れる。

【参考記事】「5年を1単位」としてキャリアプランを考えよ

 あまりにも自己満足に走り過ぎだと思うかもしれないが、あなたも取り入れてみてはどうだろう。リストは私が目標を設定し、生産性を向上させ、自分を過小評価する心理を克服する上で非常に役に立ってきた。

セラピストにも勧められ

 効率的な仕事術の指南を読んだことがある人は、「やったことリスト(done list)」とでも呼ぶべきテクニックを知っているかもしれない。私の表計算ソフトの記録もその一種だ。

【参考記事】睡眠の最新トレンド「パワーナップ」の心得

「やったことリスト」が具体的にどういうものかは、提唱者によって異なる。起業家でベンチャーキャピタリストのマーク・アンドリーセンは、1日にやり遂げたことをすべてその都度カードに書き込むよう勧めている。そして「1日の終わりに翌日用のカードを準備するとき、その日に書き込んだカードを見て、自分が1日にやったことの多さに感嘆する」のだ。

ニュース速報

ワールド

中国との「第1段階」の通商合意、署名近い=米大統領

ビジネス

トランプ氏、講演でFRB再批判 通商交渉巡る新情報

ビジネス

米ボーイング、10月の新規受注は10機 年初からは

ワールド

米大統領補佐官代行、証言求める召喚状提訴せず 弾劾

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 3

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 4

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 5

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 6

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 9

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 10

    【鬱憤】なぜ多くの韓国人、特に若者は鬱憤を感じる…

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月