最新記事

銃乱射事件

LGBTはイスラム過激派の新たな標的か

2016年6月14日(火)17時52分
モリー・オトゥール、ダン・デ・ルーチェ

Omar Mateen via Myspace/REUTERS

<オーランドの銃乱射事件が、欧米のLGBTコミュニティーに対する初めての大規模なテロだとしたら、これを前例としたローンウルフの攻撃が繰り返される不安がある。シリアやイラクではISISが残酷なやり方でゲイを殺しているし、かつてニューヨークでも似た例があった> 写真は射殺されたオマル・マティーン容疑者

 米フロリダ州オーランドのゲイが集まるナイトクラブで男が銃を乱射し49人が死亡、53人が負傷した事件は、欧米のLGBT(性的少数者)コミュニティーを標的とした初の大規模テロとなった。これを前例として、イスラム過激派の影響を受けたテロリストがLGBTコミュニティーが新たな標的になることを不安視する声が広がっている。

 ナイトクラブ「パルス」に押し入ったオマル・マティーン容疑者(29)は犯行の直前、現場から緊急通報用911に電話し、テロ組織ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)に忠誠を誓ったという。マティーンが警官に射殺された後、ISISは系列のニュースメディア「アマック(Amaq)」を通じて事実上の犯行声明を出した。

シリアやイラクではゲイの処刑も

 米捜査当局は、マティーンとISISに直接の結びつきがあったか、あるいはISISのプロパガンダに感化されたローンウルフ(一匹狼)型の犯行だったかについては捜査中だと述べた。

 昨年以降、欧米ではISISによるテロ事件が相次いでいる。フランスのパリやベルギーのブリュッセルで起きた同時テロでは、無差別に多数の犠牲者を出すことを目的に、コンサートホールやカフェ、地下鉄の駅、空港など一度に多くの市民が集まる場所が標的となった。だがこれまでISISが欧米で、LGBTに狙いを絞ってテロ行為に及んだことはなかった。

【参考記事】【ドキュメント】週末のパリを襲った、無差別テロ同時攻撃
【参考記事】ブリュッセルで連続自爆テロ、容疑者1人が逃亡中

 しかしシリアやイラクのISISの支配地域では、目隠しされたゲイたちが建物の屋根から突き落とされる様子を映したビデオを撮影して公開するなど、ISISは同性愛者を残酷に処刑してきた実態がある。LGBTのための人権団体「OutRight Action International」によると、これまで少なくとも36人の住民が同性愛の罪でISISによって処刑された。バングラデシュでもここ数年、ゲイのブロガーがイスラム過激派による暗殺の標的となっており、当局は先週末、イスラム過激派を含む約8000人の犯罪者を一斉摘発した。

【参考記事】ISISの支配下には31,000人以上の妊婦がいる

 事件後、バラク・オバマ米大統領はホワイトハウスで緊急記者会見を開き、世界各地でLGBTのコミュニティーの権利を祝うゲイ・プライド・パレードが行われる時期に起きたことに触れ、乱射事件は「テロ行為であり、ヘイト行為だ」と強く非難した。

 ISISはマティーンが組織でテロ行為を決行したと主張しており、アマックも「アメリカに潜むISISの戦士が、フロリダ州オーランドのゲイが集うナイトクラブでテロ攻撃を行い100人以上を死傷させた」と報じた。

ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、インドなどのコロナ感染者急増で

ビジネス

コインベースCEO、上場初日に同社株2.92億ドル

ビジネス

東芝が大幅続落、買収問題の先行き不透明な状態続く

ワールド

米軍撤退後のアフガンの将来は誰も保証できない=大統

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月