最新記事

フィリピン

アジアのトランプは独裁政治へ走るか

2016年5月24日(火)15時50分
パトリック・ウィン

Photo by Lam Yik Fei/Getty Images

<「犯罪者と汚職官僚は皆殺しだ」──そんな暴言がウケてフィリピンの次期大統領に当選したロドリゴ・ドゥテルテは、強い指導者として有権者の期待に応えるのか、それともマルコス元大統領のように国民を踏み躙る独裁者になるのか> 写真はマニラで選挙演説をするドゥテルテ

 フィリピンの犯罪者は覚悟したほうがいい。新大統領は麻薬密売人や強盗を見つけしだい殺して、バラバラに切り裂くと公言している。

 犯罪者にも人権があると主張する人間がいれば、特等席で処刑の模様を見せてやるとまで豪語している。「きれい事をほざく奴らの面前で盛大に切り裂いてやろうじゃないか」

 フィリピンの次期大統領ロドリゴ・ドゥテルテにはいろんな呼び名がある。コミックのヒーローにちなんだパニッシャー(私刑執行人)、ダーティハリーにちなんだドゥテルテ・ハリー。選挙活動中には「アジアのドナルド・トランプ」とも呼ばれた。

人権なんかクソ喰らえ

 南部ミンダナオ島の活気に満ちた中心都市ダバオで、ドゥテルテは市長を長年務めてきた。彼のトンデモ発言に、市民はもはや慣れっこ。もうすぐフィリピン中の人々がこの暴言王を大統領と呼ぶようになる。

 71歳のドゥテルテは5月9日に実施されたフィリピン大統領選で有権者の圧倒的な支持をつかみ、開票終了を待たずに勝利宣言をした。だが、世界から見た彼はただの風刺画のネタ。大風呂敷を広げ、現状にかみつくトランプ型のデマゴーグだ。

【参考記事】中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

 本人はトランプに例えられることが不満らしく、「トランプは偏見の塊だが、私は違う」と言うが、バイアグラ礼賛や女性蔑視むき出しの発言はトランプのイメージと重なる。

 もっとも、実像はそれほど単純ではない。敬虔なカトリックでありながら、同性婚を支持。これ見よがしに拳銃をちらつかせる一方で、今も子供の頃にママにもらった毛布なしでは眠れない。トランプと違うのは、イスラム教徒に好意的な態度を見せていること。ミンダナオ島の奥地を拠点にするイスラム過激派とも和平の道を探ろうとした。

 そんなドゥテルテが大統領に上り詰めたのは、荒っぽい治安対策をアピールし続けたからだ。私が大統領になったら、犯罪者を大量処刑する。裁判なんか要らない、人権なんかクソ食らえだ──選挙戦中、ずっとそう言い続けてきた。「犯罪者はまとめて殺し、マニラ湾に沈めて魚の餌にしてやる」

【参考記事】フィリピン過激派組織がISISと共闘宣言


 一方で、フィリピンをシンガポール型の管理国家にする構想もほのめかしている。未成年者には午後10時以降、保護者なしの外出を禁止する、フィリピン人が大好きなカラオケも午後9時以降は禁止、午前1時以降の飲酒は禁止──いずれもドゥテルテ陣営が出した案だ。

就任後はソフト路線に?

 仮にこうした法律ができたとして、それを市民に守らせるのは警察の仕事だろう。汚職が蔓延するフィリピンの警察にそんな役目が果たせるのか。

「深夜のカラオケを禁止しても貧困は解消されず、犯罪はなくならない」と、人権団体カラパタンのクリスティーナ・パラバイ事務局長は指摘する。

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月