最新記事

テロ組織

フィリピン過激派組織がISISと共闘宣言

アブサヤフの狙いはISISの知名度を利用して人質の身代金を吊り上げること

2014年10月2日(木)19時02分
ミシェル・フロルクルス

アジアのISIS? フィリピンで数多くの爆弾テロや誘拐事件を起こしているアブサヤフ Philippine National Red Cross-Reuters TV

 フィリピンの武装集団アブサヤフが先週、イスラム教スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)との共闘を宣言。アメリカ主導の対ISIS連合を支持するドイツ政府に対し、支持を撤回しなければドイツ人の人質2人のうち1人を殺害すると警告した。同時に2人の身代金として約560万ドルを要求している。

 フィリピン南部のスールー諸島を拠点とするアブサヤフは、フィリピンからの分離独立闘争を40年以上続けるイスラム過激派組織の1つ。これまでに爆弾テロ、フィリピン人と外国人の誘拐、暗殺など、数多くの流血事件を起こしてきた。

 最高幹部のイスニロン・ハピロンらは今夏に公開したビデオで、カリフ(最高権威者)を自称するISISの指導者アブ・バクル・アル・バグダディに忠誠を誓うと表明した。「われわれはどんなときも彼に従い、他の誰よりも彼を尊重する」

 ただしロンドン大学東洋アフリカ学院の比較政治学者マイケル・ビューラーは、ISISの勢力が東南アジアに拡大する可能性は低いと指摘する。「ISISがフィリピンに拠点を築く危険性があるとは思わない」

 インドネシアのジュマー・イスラミア(JI)やアブサヤフのような東南アジアのイスラム過激派は、自己宣伝のためにISISを利用しているだけだと、ビューラーは言う。「ある過激派組織が国際的な注目を集めるたびに、彼らはその組織に忠誠を誓い、宣伝に使おうとする」

 地元メディアの報道によれば、フィリピン陸軍西部ミンダナオ司令部のルスティコ・ゲレロ司令官は、アブサヤフが注目を集めるためによく使う戦術だと受け止めている。「彼らは国際的な注目を集めるISISを利用して、人質の身代金をつり上げようとしている。彼らは狭い地域レベルの目的のために活動する狭い地域のグループだ。(ISISのような)国際的組織になる兆候は見られない」

 アブサヤフは長年、国際テロ組織のアルカイダも支持しており、一部の作戦では資金援助を受けてきたとされる。それでも勢力はなかなか拡大しなかった。

「このグループの力の源泉は、同じ経済社会的階層に属する親族間の婚姻を通じた密接な人的結び付きにある」と、ビューラーは言う。「こういう構造の組織は大きくなりにくい。実際、人数は増えていない」

[2014年10月 7日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中