最新記事

映画

次のジェームズ・ボンドは誰だ

『007 スペクター』を最後に降板が噂されるダニエル・クレイグ、彼の後を継ぐ俳優として有力候補に名が挙がっているのは……

2016年3月25日(金)16時30分
トゥファイエル・アーメド

こりごり? ボンド役はもうたくさんだと内心思っているらしいクレイグ Benoit Tessier-REUTERS

 昨年10月から公開され、大ヒットを記録したシリーズ最新作『007 スぺクター』。世界での興行収入は9億ドル近くに達し、製作陣も胸をなで下ろしているだろう。しかし彼らは新たな頭痛のタネに悩まされている。主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグの降板が噂されているからだ。

『007 カジノ・ロワイヤル』から4作に出演しているクレイグは昨年、ボンドをまた演じるぐらいなら「手首を切ったほうがましだ」と語り、物議を醸した。彼は後にこの発言を訂正。きつい撮影を終えたばかりで次を考える余裕なんてない、という意味だったと主張した。

【参考記事】ジェームズ・ボンドへの愛憎入り混じる想い

 とはいえ、爆弾発言だったのは確か。以来、映画業界では次のボンド役は誰になるのか、さまざまな噂や臆測が飛び交い、イギリスのブックメーカー各社が「候補者」たちの予想オッズを出すありさまだ。

 最近になって有力候補に挙がっているのが、英BBCの新スパイドラマ『ナイト・マネジャー』で主役の元軍人を演じるトム・ヒドルストン。正体を隠して諜報活動を行う演技が絶賛され、ファンやメディアはボンド役にぴったりだと騒ぎ始めた。

初の黒人ボンドも?

 本人も「声が掛かったら、すごいチャンスだ」と、英紙サンデー・タイムズに語っている。「アクションが多い役だから軽い気持ちで臨んだりはしない」

 次期ボンド役の予測でも、ヒドルストンのオッズは急降下。「『ナイト・マネジャー』にはかなりボンド的な要素があり、『007』の製作陣は間違いなく注目しているはずだ」と、英ブックメーカー、ウィリアム・ヒルの広報ジョー・クライリーは言う。「彼のオッズは2週間で半分以下になった。まだ低くなり得る」

【参考記事】無敵のスパイ007の新たな試練

 もちろん、クレイグの後継を狙える俳優はほかにもたくさんいる。現在トップを走るのは、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたトム・ハーディ。次点にヒドルストン、14年にソニー・ピクチャーズの社内メールが流出した際に会長の一押しだと判明したイドリス・エルバ、米ドラマ『HOMELAND/ホームランド』で知られるダミアン・ルイスが並ぶ。

 4人ともロンドン出身の俳優で、エルバの場合は「黒人初のボンド」と期待される。ただし、予想はあくまでも予想。クレイグ続投という大どんでん返しもあるかもしれない。

>>候補のプロフィールとオッズは次のページ

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者335

ワールド

バイデン氏、米大統領選討論会受け1時間で過去最高の

ビジネス

中国製造業PMI、9月は51.5に上昇 海外需要回

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月