最新記事

映画

次のジェームズ・ボンドは誰だ

『007 スペクター』を最後に降板が噂されるダニエル・クレイグ、彼の後を継ぐ俳優として有力候補に名が挙がっているのは……

2016年3月25日(金)16時30分
トゥファイエル・アーメド

こりごり? ボンド役はもうたくさんだと内心思っているらしいクレイグ Benoit Tessier-REUTERS

 昨年10月から公開され、大ヒットを記録したシリーズ最新作『007 スぺクター』。世界での興行収入は9億ドル近くに達し、製作陣も胸をなで下ろしているだろう。しかし彼らは新たな頭痛のタネに悩まされている。主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグの降板が噂されているからだ。

『007 カジノ・ロワイヤル』から4作に出演しているクレイグは昨年、ボンドをまた演じるぐらいなら「手首を切ったほうがましだ」と語り、物議を醸した。彼は後にこの発言を訂正。きつい撮影を終えたばかりで次を考える余裕なんてない、という意味だったと主張した。

【参考記事】ジェームズ・ボンドへの愛憎入り混じる想い

 とはいえ、爆弾発言だったのは確か。以来、映画業界では次のボンド役は誰になるのか、さまざまな噂や臆測が飛び交い、イギリスのブックメーカー各社が「候補者」たちの予想オッズを出すありさまだ。

 最近になって有力候補に挙がっているのが、英BBCの新スパイドラマ『ナイト・マネジャー』で主役の元軍人を演じるトム・ヒドルストン。正体を隠して諜報活動を行う演技が絶賛され、ファンやメディアはボンド役にぴったりだと騒ぎ始めた。

初の黒人ボンドも?

 本人も「声が掛かったら、すごいチャンスだ」と、英紙サンデー・タイムズに語っている。「アクションが多い役だから軽い気持ちで臨んだりはしない」

 次期ボンド役の予測でも、ヒドルストンのオッズは急降下。「『ナイト・マネジャー』にはかなりボンド的な要素があり、『007』の製作陣は間違いなく注目しているはずだ」と、英ブックメーカー、ウィリアム・ヒルの広報ジョー・クライリーは言う。「彼のオッズは2週間で半分以下になった。まだ低くなり得る」

【参考記事】無敵のスパイ007の新たな試練

 もちろん、クレイグの後継を狙える俳優はほかにもたくさんいる。現在トップを走るのは、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたトム・ハーディ。次点にヒドルストン、14年にソニー・ピクチャーズの社内メールが流出した際に会長の一押しだと判明したイドリス・エルバ、米ドラマ『HOMELAND/ホームランド』で知られるダミアン・ルイスが並ぶ。

 4人ともロンドン出身の俳優で、エルバの場合は「黒人初のボンド」と期待される。ただし、予想はあくまでも予想。クレイグ続投という大どんでん返しもあるかもしれない。

>>候補のプロフィールとオッズは次のページ

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、中国の死者132人に増加 感染者5974

ビジネス

正午のドルは109円前半、株高でも円安は限定的

ビジネス

前場の日経平均は反発、米国株高と円安を好感 上値は

ワールド

豪政府、中国・湖北省から一部自国民退避へ 孤島で検

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 2

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 9

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 10

    日本製品の次は中国人観光客ボイコット? 韓国、中国…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 8

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月