最新記事

映画

ジェームズ・ボンドへの愛憎入り混じる想い

最新作の公開を前に、クレイグが明かした驚きの本音 

2015年10月26日(月)16時00分
ナタリー・イルスレー

またボンドを演じるくらいなら いっそ手首を切る、とクレイグ(写真は『007 スペクター』より) SPECTRE ©2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

 ジェームズ・ボンドを再び演じるくらいなら自分を傷つけるほうがまし──シリーズ最新作『007 スペクター』の公開を今月末(日本公開は12月)に控えるダニエル・クレイグは、そう考えているようだ。

 英タイムアウト誌の取材でボンド映画をもう1本撮ることを想像できるかと聞かれ、こう言い放った。「今? このグラスを割って、手首を切るほうがましだね。まったく想像できない......終わったばかりだ。ただ前に進みたい」

 ボンド役からはもう離れる?と重ねて尋ねられると、クレイグは率直に答えてみせた。「それについては何も考えていない。少なくとも1~2年は考えたくない。ボンド映画をまたやるとしたら、それは金のためだ」

 06年の起用以来、シリーズ4作に主演したクレイグを見るのは『スペクター』が最後か......といえば、そうとも限らない。

 06年の『007 カジノ・ロワイヤル』では英映画・テレビ芸術アカデミー賞の候補になり、ボンドシリーズの合間には『ドラゴン・タトゥーの女』(11年)のようなほかの映画にも出演するクレイグ。ボンド映画に対する彼のコメントはこれまで二転三転しており、過去のインタビューからは愛憎入り交じる想いが見て取れる。

 12年の『007 スカイフォール』の撮影前には、「完璧なボンド映画があるはず。それをなんとしても実現したい」とGQ誌に語った。だが8カ月後のローリングストーン誌のインタビューでは、ボンドを演じることへの嫌悪を見せている。「この役を始めたときから、辞めようとしてきた。でも解放してもらえなくて、あと数作は出演することに同意した。でもそれも今回の作品の興行成績による。ビジネスはビジネスだし、もしもうまくいかなかったら誰かがケツを拭く契約になっている」

映画としては高く評価

 彼はこの記事の中で、公開直前だった『スカイフォール』をこう要約した。「かなりいい。軽いタッチで、まあ分かるだろ。結局のところ、ジェームズ・ボンド映画だからね」

 現在は『スペクター』の宣伝活動中だが、そこでもクレイグは相変わらずだ。観客がまだ007に興味を持っていると思う理由を聞かれて、冗談で返した。「いい物語は長続きするという古い格言へのこだわりさ。それから30分ごとに起きる爆発。そういうものだ」

 エスクァイア誌の10月号では、ボンドというキャラクターを辛辣にこき下ろした。「とにかくものすごく孤独な男だ。深い悲しみがある。美しい女性たちと寝るけど、彼女たちは去っていく。それに男が年を取るのも惨めな話だ。悲しいね」

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 10

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月