最新記事

米大統領選

ヒラリーの独壇場だった民主党討論会

2015年10月15日(木)16時57分
エミリー・カデイ

 移民問題については、「みなさんがこの場で聞くすべての見解と共和党の候補者から聞くことには大きな違いがある」と、クリントンが発言。これを受けてオマリーは、移民排斥論者として知られる共和党の最有力候補ドナルド・トランプを「共和党カーニバルの客引き」と非難した。

 討論が白熱し、和気あいあいムードが吹き飛ぶ場面もあったが、クリントンは落ち着いた態度を貫いた。銃規制、外交、財政改革などの争点をめぐり、おもにサンダース、クリントン、オマリーが舌戦を繰り広げた。サンダースとオマリーがよりリベラルな立場でタッグを組み、クリントンと対立する場面が多かった。しかし銃規制では、サンダースが過去に銃の製造業者の訴追免除を支持したことを弁明する羽目になり、失点を喫した。

 外交政策では、サンダースはクリントンに助け舟を出さず、2002年に当時上院議員だったクリントンがイラク侵攻に賛成票を投じたことを批判。イラク戦争は「この国の歴史上最悪の外交政策の失敗」だったと述べた。

金融規制改革では厳しさをアピール

 クリントンは賛成票を投じたのは誤りだったと既に認めており、この問題で批判されるのを予想して反論を準備をしていた。2008年の大統領選予備選で敗れた相手であり、クリントンがイラク戦争に賛成したことを批判した人物、つまりバラク・オバマ大統領を引き合いに出したのだ。

「(イラク戦争に賛成票を投じたにも関わらず)選挙後、国務長官になってくれないかと言われた」と、クリントンは言い、自分の判断能力をアピールした。「オバマは私の判断力を貴重と考え、(ホワイトハウスの地下にある)シチュエーションルームで何時間も議論をして過ごした」」

 クリントンがより強硬なシリア政策を主張していることをオマリーが批判すると、オマリーは2008年の大統領選では自分を支持したではないかとやり返した。

 金融規制改革に関し、オマリーは、銀行と証券の間に垣根を設けたグラス・スティーガル法を復活させる必要があると論じた。

移民には優しいほうが有利

 クリントンは、ウォール街の監督規制問題については最近、ライバル候補たちの提案よりも「包括的で厳しい」提案を発表したと言った。同提案は、保険会社や投資銀行といったシャドーバンキング(影の銀行)業界にも規制の網をかけるものだという。クリントンに言わせれば、シャドーバンキングは今後の経済の安定性にとって大きな脅威になりうる。

 サンダースは、不法移民を合法化することを柱とした2007年の移民制度改革案に反対票を投じたことで弁明を迫られた。ラテン系移民の票はもはや望めないのではないか、と司会のクーパーからも突っ込みが入った。「法案に反対したのは、労働条件についての条項があまりに酷かったからだ。人権団体の南部貧困法律センターは『奴隷制度に近い』と呼んだほどだ」と、サンダースは語った。

ニュース速報

ビジネス

FRB議長、米経済「持続的に改善」 物価「ここ数カ

ビジネス

米経済は急速に回復、FRBの政策変更には不十分=N

ワールド

イラン次期大統領、核合意再建に前向き バイデン氏と

ワールド

米大統領、超党派インフラ投資案巡り協議継続 財源で

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月