最新記事

中東

イエメン内戦で600万人が飢餓に直面

サウジアラビアの軍事介入以降、民間人の生活環境が急速に悪化している

2015年8月11日(火)17時36分
ルーシー・ウェストコット

窮乏  住居を追われた国内難民の子供たち Khaled Abdullah-REUTERS

 大国も巻き込んだ内戦の陰で、イエメンの生活環境が日を追うごとに悪化している。飢えと病気の増加と、止むことのない爆撃で、多くの民間人が耐えがたい生活を強いられていると、医療・人道援助団体の国境なき医師団は週明けにそう警告した。

 国境なき医師団の緊急対応責任者でイエメンを担当するテレサ・サンクリストバルが会見で語ったところによると、状況が急激に悪化したのは3月26日、サウジアラビアがイスラム教シーア派の反体制武装勢力、フーシ派に空爆を始めてから。サウジアラビアが軍事介入と同時に食料や医薬品、燃料などの禁輸措置がとったことは、ただでさえ最貧国のイエメンにとっては致命的だった。

 市場や学校、120万人におよぶ国内難民のためのキャンプなど、人が集まる場所はどこも、いつ戦場になるかわからない。南部の都市アデンでは、住民は建物屋上にいる狙撃兵に怯えて家から出られず、家族を病院に連れて行くこともできない、とサンクリストバルは言う。

 外国の人道援助団体もイエメンを離れた。フーシ派は年初、イエメンの首都サヌアを制圧したが、その後も戦闘が続いたためだ。

 内戦は、代理戦争の様相を呈している。フーシ派は、同じシーア派のイランから資金や武器、軍事訓練の提供を受けているとみられる。一方の政府軍は、サウジアラビアが率いるイスラム教スンニ派諸国の支援を受けているのだ。この間に、イエメンでは1,700人が死んだ、と国連は推定する。その大半は、空爆の犠牲者だという。

mgwaugust060915-2.jpg

病院で寝かされた栄養失調の赤ちゃん。必要な治療も受けられなかった
Khaled Abdullah-REUTERS

「3月以降、戦闘と暴力がエスカレートしたのは明らかだ」とサンクリストバルは言う。最近イエメンを訪れた時には、一晩に100発の爆弾が降り注いだ。10分に1発の割合だ。サヌアでは、3世代27人の家族のうち2人しか生き延びられなかった悲劇もあったという。

 イギリスの非営利団体「オックスファム」は先月、イエメン国内では600万人以上の市民が餓死の危機に瀕しており、2500人の人口の半分が食料不足に直面していると警告していた。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月