最新記事

中国

謎の男、習近平をめぐる物騒な噂

クリントン米国務長官との会談をドタキャンし、「刺された」説も流れた習の素顔は秘密のベールに包まれてきたが

2012年11月9日(金)15時49分
長岡義博(本誌記者)

世代交代 頂点を目指して周到に準備を重ねてきた計算高い人物、とも言われる習 Reuters

 中国共産党はこの秋、5年に1度の政治の季節を迎える。18回目となる党大会が開かれ、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席から習近平(シー・チーピン)副主席へとトップの座が継承されるのだ。権力交代に伴い、人事をめぐる最高指導部内の駆け引きも激しさを増している。先週、習が取った前例のない行動はその兆候かもしれない。

 習は今月5日に予定されていた北京訪問中のクリントン米国務長官との会談を直前にキャンセルした。中国外務省は「日程調整上の都合」としか説明していないが、米メディアによれば、習は「背中にけがをした」という。ただ、その原因やけがの程度については不明だ。

 中国の指導者が外国高官との面会を突然キャンセルするのは極めて異例なため、ネットでは「実は習近平は刺された」という情報まで流れた。政府は火消しのために、マイクロブログで「背傷(背中の傷)」という言葉を検索禁止にした。

 物騒な情報が飛び交うのも、最高指導部である政治局常務委員の新メンバーをめぐり、熾烈な駆け引きが続いているからだ。

 間もなく引退する胡は影響力を残すため、出身母体である共産主義青年団(共青団)派が常務委員の過半数になるよう画策。対抗する保守派がこの動きに反発しているとされる。

 会談のドタキャンは保守派とみられる習による、胡への当て付けなのかもしれない。だとすれば、「刺された」との情報は、習をよく思わない共青団やその周辺から流された可能性がある。

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)や南シナ海の領有権問題が米中の火種になっていることから、クリントンとの会談をキャンセルすることで政権移行前の外交上の「失点」を回避した、という見方もある。

 習の素顔はこれまで秘密のベールに包まれてきたが、ウィキリークスが暴いた米外交公電によれば、実は若い頃から中国のトップを目指し、周到に準備を重ねた計算高い人物だという。米国務長官との会談を直前にキャンセルするメリットとデメリットのどちらが大きいか。習は計算ずくのはずだ。

 臆測を打ち消すため中国外務省は、習が今月10日にデンマーク首相と会談する、と国内外メディアに通知した。ただその後、外務省が予定変更をあらためて連絡したとの情報も流れている。もし会談が再度キャンセルになれば──習をめぐる事態は本当に深刻なのかもしれない。

[2012年9月19日号掲載]

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 7

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月