最新記事

中国

謎の男、習近平をめぐる物騒な噂

クリントン米国務長官との会談をドタキャンし、「刺された」説も流れた習の素顔は秘密のベールに包まれてきたが

2012年11月9日(金)15時49分
長岡義博(本誌記者)

世代交代 頂点を目指して周到に準備を重ねてきた計算高い人物、とも言われる習 Reuters

 中国共産党はこの秋、5年に1度の政治の季節を迎える。18回目となる党大会が開かれ、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席から習近平(シー・チーピン)副主席へとトップの座が継承されるのだ。権力交代に伴い、人事をめぐる最高指導部内の駆け引きも激しさを増している。先週、習が取った前例のない行動はその兆候かもしれない。

 習は今月5日に予定されていた北京訪問中のクリントン米国務長官との会談を直前にキャンセルした。中国外務省は「日程調整上の都合」としか説明していないが、米メディアによれば、習は「背中にけがをした」という。ただ、その原因やけがの程度については不明だ。

 中国の指導者が外国高官との面会を突然キャンセルするのは極めて異例なため、ネットでは「実は習近平は刺された」という情報まで流れた。政府は火消しのために、マイクロブログで「背傷(背中の傷)」という言葉を検索禁止にした。

 物騒な情報が飛び交うのも、最高指導部である政治局常務委員の新メンバーをめぐり、熾烈な駆け引きが続いているからだ。

 間もなく引退する胡は影響力を残すため、出身母体である共産主義青年団(共青団)派が常務委員の過半数になるよう画策。対抗する保守派がこの動きに反発しているとされる。

 会談のドタキャンは保守派とみられる習による、胡への当て付けなのかもしれない。だとすれば、「刺された」との情報は、習をよく思わない共青団やその周辺から流された可能性がある。

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)や南シナ海の領有権問題が米中の火種になっていることから、クリントンとの会談をキャンセルすることで政権移行前の外交上の「失点」を回避した、という見方もある。

 習の素顔はこれまで秘密のベールに包まれてきたが、ウィキリークスが暴いた米外交公電によれば、実は若い頃から中国のトップを目指し、周到に準備を重ねた計算高い人物だという。米国務長官との会談を直前にキャンセルするメリットとデメリットのどちらが大きいか。習は計算ずくのはずだ。

 臆測を打ち消すため中国外務省は、習が今月10日にデンマーク首相と会談する、と国内外メディアに通知した。ただその後、外務省が予定変更をあらためて連絡したとの情報も流れている。もし会談が再度キャンセルになれば──習をめぐる事態は本当に深刻なのかもしれない。

[2012年9月19日号掲載]

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月