最新記事

弾圧

ロシアの反プーチン派にまた奇怪な容疑

汚職批判を続けてきた有力ブロガーが横領の罪で告発された。背後には、反対派の取り締まりを強化するプーチンの影がチラつく

2012年8月1日(水)17時57分
マリヤ・カリムジー

濡れ衣? 木材横領容疑で取り調べを受けた反体制活動家ナバルニー(7月30日、モスクワ) Maxim Shemetov-Reuters

 ロシアの反汚職活動家として、役人たちの大掛かりな汚職の証拠をインターネット上で暴露してきた弁護士のアレクセイ・ナバルニーが7月31日、当局から横領の罪で起訴された(一度取り下げられた告発が、再び持ち出された)。これで、ロシアの反体制運動で最重要と目される人物の1人が、10年ほど刑務所に閉じ込められることになるかもしれない。

 ナバルニーにかけられた容疑は09年、中部キーロフ州政府で非公式の顧問を務めていたとき、国営企業から木材を盗む計画をまとめていたというもの。これにより州の予算に、50万ドル相当の被害を与えたという。

 今年に入って、ウラジーミル・プーチン大統領批判の先頭に立つナバルニーのような活動家に対する取り締まりが立て続けに起きている。ナバルニー本人によれば、プーチンが大統領に就任する前日の5月6日、警官隊と大規模デモ隊が衝突した後に今回の告発の動きが出てきたという。

 ナバルニーは自身への嫌疑はでたらめだと言い、ミハイル・ホドルコフスキーの例を引き合いに出した。ホドルコフスキーはロシアの石油王で、プーチンのライバルと目されていた人物だが03年以来、脱税の容疑で収監されている。

「ホドルコフスキーがロシアのすべての石油を盗み、ナバルニーがすべての木材を盗んだというような戯言は、現在(ロシアで)起きていることを示している」と、ナバルニーはニューヨークタイムズ紙に語った。「テレビのニュースでナバルニーが1600万ルーブル(約3800万円)を盗んだと報じて、私の評判を落とすことが目的だ」

反対勢力の取り締まり法が続々

 だがAFPによれば、キーロフ州知事のニキータ・ベールイフは政治的圧力によるものとみて、今回の訴えを却下したという。地元の捜査当局は、ナバルニーは何の罪も犯していないという結論に達した、とベールイフは語っている。

 対する捜査当局は、ナバルニーに対する2つの訴因を主張している。「組織的または大規模に行われた不正流用、もしくは着服」だ。

 大統領に返り咲いてから3カ月近く、プーチンは反対勢力を厳しく取り締まるための法的な枠組みを作り上げてきた。外国や外国機関、外国人から資金提供を受けて政治活動を行うNGOを、「外国の代理人」に指定する法案を可決。活動内容などを報告するよう義務付けた。また、特定のサイトをブラックリストに登録するという、インターネットの自由を損なうおそれがある法律も成立させた。

From GlobalPost.com

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国、橋崩落で11人死亡・30人不明 習主席「救助

ワールド

米民主ジャクソン・リー下院議員が死去、黒人の権利擁

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中