最新記事

中東

既に武器供与? 世界で強まるアサド包囲網

国際社会でアサド政権への批判が強まるなか、反体制派へ武器供与もささやかれているが、支援国の間で温度差も

2012年2月27日(月)17時07分
プリヤンカ・ボガニ

温度差 ヘイグ英外相(左)とクリントン米国務長官はシリア反体制派への支持を表明したが、武器供与をめぐっては異なる姿勢を示している(1月31日、国連安保理) Mike Segar-Reuters

 シリアでは、反体制派を武力で弾圧するアサド政権の横暴が勢いを増す一方。そんななか国際社会では、反体制派への支持が高まっている。

 イギリスのウィリアム・ヘイグ外相は先週、チュニジアの首都チュニスで開かれたシリア反体制派の支援国会合に出席。その場で、イギリスはシリア最大の反体制派組織「シリア国民評議会」をシリアの正式な代表として承認すると発表した。

 この発表に際してシリア国民評議会は、支援各国が反体制派に武器を供与できるようにすべきだとの考えを示した。

 サウジアラビアのサウド・アル・ファイサル外相はヒラリー・クリントン米国務長官との会談で、反体制派への武器供与は「最高のアイデアだ」と語った。反体制派は自力で身を守る必要があるからだ、という。

 今回の支援国会合で、アサド政権に対する圧力を強めるよう誰よりも強く求めたのがサウドだ。彼はシリア政府による武力弾圧の停止やアサドの退陣、被害の激しい地域への支援などを訴えた。

ハマスからも見放されたアサド政権

 シリア国民評議会の幹部バッスマ・コドマニによれば、支援国の中には既に反体制派に通信技術や防弾チョッキ、暗視ゴーグルを提供している国もあるという。

 だが、欧米の政府関係者は武器供与の事実を否定。ある外交当局者は、まだ武器供与をめぐる議論さえスタートしていないのに、その前に武器提供を始めるなんてあり得ないと言う。

 ヘイグは、イギリスは武器供与を検討していないと明言。「EUはシリアに対して武器の禁輸措置を取っている。イギリスもこの措置にあらゆる面で従う」と強調した。

 しかし、アメリカはイギリスとは異なる姿勢を示している。クリントンはチュニスでの会合の前日、「シリアの反体制派はいずれ自らを防御する手段を手にして、攻勢に出る」と発言。武器を供与する可能性を示唆した。

 国際社会の足並みが乱れるなか、シリアの状況は悪化の一途をたどっている。反政府デモが始まって以来、1年近い間に7000人以上が犠牲になったとの情報もある。先週木曜だけでも、90人以上が死亡したと報道された。

 アサド政権は長年の盟友であるパレスチナの過激派ハマスの支持さえ失い、イスラム教スンニ派が支配するアラブ諸国の中で孤立を深めている。

 ハマスの指導者イスマイル・ハニヤはエジプトの首都カイロで行われた集会でこう語った。「私はアラブの春を起こしたすべての国に敬意を表する。自由と民主主義、改革を求めて闘うシリアの勇者たちにも敬意を表する」

 追い詰められたアサド政権が、さらなる暴挙に出なければいいが。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

富士通、東証と共同で調査中 大規模システム障害で

ビジネス

大企業製造業の業況判断DI、17年12月調査以来の

ワールド

トランプ氏、レアアース依存の検証を閣僚に指示

ビジネス

東証、全銘柄の売買を停止 札幌・名古屋・福岡の取引

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月