最新記事

中国政治

文革を語った温家宝の狙い

政治改革なしに経済改革はないが持論の改革派首相が中国政治のタブーを破った

2011年12月21日(水)15時53分
メリンダ・リウ(北京支局長)

党内で力なく 紅衛兵に迫害された祖父や父親の苦しみを語った温 Reuters

 中国の温家宝(ウエン・チアパオ)首相が先月末、母校である天津の南開中学でつらい過去を語った。病気になった自分のために父親が時計を質に入れて薬代を工面したこと、身動きできないほど小さな部屋で家族5人が暮らしたこと......。

 そして話が文化大革命のくだりに差し掛かると会場は静まり返った。「家族は迫害され続けた」──温は教育者だった祖父と父親が紅衛兵に苦しめられたことを初めて明かした。

 これまで文化大革命について口にした中国指導者はほとんどいない。それは政治的タブーだった。温はタブーを破ることで、未来の指導者たちに過去の過ちを繰り返すなと暗に示したのだろう。

 小学校の教師だった温の祖父は死ぬまで「自己批判」を強要された。「祖父の学校にはまだ書類が残っている。小さく整った字で書かれた自己批判書が」

 文化大革命を語ることがタブーとされるのは、毛沢東の悪いイメージが助長されるからだ。今年8月、習近平(シー・チンピン)国家副主席は訪中したバイデン米副大統領に、文化大革命で家族が苦しんだことを語ったという。しかし会談で習の言葉は完全には通訳されなかった。

 今回の温の発言で重要なのは、それが公式の場だったことに加え、中国の一部メディアがそのまま活字にしたことだ。

 改革派の温がタブーを破ったのは当然の成り行きだったのかもしれない。温はこの1年、中国共産党による「過度なコントロール」は緩めるべきだと警告。「政治改革なしに経済改革はない」とも発言している。
 
 文化大革命時代に触れたのも、指導層が一新される来年を目前に、党内の強硬派を牽制したのだろう。任期が切れる前に自分の姿勢をより明確にしておきたがっているようだ。

 温の発言がたびたび検閲され国民に伝えられないことに同情する者もいる。温は昨年、CNNに「言論の自由は発展する国家に不可欠だ。中国は発展し続けるし、民主主義を求める国民の思いは止まらない」と語ったが、国営メディアは無視した。だがこの発言はネットで広がり、あるネチズンは「首相にさえ言論の自由がない」と嘆いた。

 その改革精神から国民の間での人気が高く、親しみを込めて「温じいさん」と呼ばれるほどの人物だが、残念ながら保守派が支配する党内では大きな力を持てないでいる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

次回会合での利上げ、データ次第で「十分あり得る」=

ビジネス

中国30年債利回りが節目の2.5%割り込む、7週間

ビジネス

米ボーイングCEOポストを正式辞退、GEエアロのカ

ビジネス

仏ルノー傘下の「ダチア」、2030年までに売上高と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中