最新記事

ファッション

両性具有モデル、リア・Tのランウエー革命

2011年7月15日(金)15時13分
マック・マーゴリス(リオデジャネイロ)

 現役時代にブラジルとイタリアのチームで輝かしい成績を残したトニーニョは、夢のような世界で4人の子供たちを育てた。父親が何もかもを決定できたなら、4人全員がスパイクを履いていたはずだ。だがレアンドロの気持ちは違った。

 トニーニョはかなり以前から、レアンドロは変わっていると感じていた。その思いが決定的になったのは、コリンチャンス対サンパウロというブラジル人なら誰もが熱狂する試合に子供たちを連れて行ったとき。レアンドロは興奮するどころか、スタジアムの席で眠ってしまった。

 レアンドロの中では新しいアイデンティティーが芽生えていた。髪を伸ばして豊胸手術を受け、背が高くて痩せっぽちの青年レオは、しなやかなリアに変身していった。

 現在のリアは現実離れした美しさを持つ。コーヒー色の肌、艶やかな髪の中にのぞく上品でシャープなフェースライン、そして少し舌足らずな話し方は、壊れやすくて超フェミニンな印象を与える。唯一アンバランスなのは、異様に長い手とテノールの声だけだが、その声もささやくようにか細い。

 今でこそ自信に満ちているが、10代の頃のリアは女の子に魅かれたかと思えば男の子に魅かれ、自分のアイデンティティーを疑っては強烈な自己嫌悪に陥った。さまざま皮肉や侮辱にも耐えた。「売春婦や尻軽女、性犯罪者などと呼ばれた」とリアは言う。「そのうち気にならなくなった」

 キャリアの始まりは目立たない仕事だった。イタリアで著名スタイリストのパティ・ウィルソンのアシスタントになり、薄給でどうにか生計を立てた。

 転機はジバンシィのデザイナーになる前のリカルド・ティッシとの出会いだった。ティッシはリアのエキゾチックな美しさに衝撃を受け、ファッション業界で働いてみてはどうかと勧めた。「私は美術の勉強をしていたけど、リカルドがあまりにファッションに入れ込んでいたから、その情熱が移ってしまった」と、リアは言う。

 リア・Tと名乗るようになったのはこの頃だ。リアは親の名声にとらわれた人生ではなく、行き先の分からない冒険を選ぶことを決意した。

敬虔なカトリックの国で

 やがてティッシの勧めを受けて、雑誌や広告のモデルの仕事を始めた。ところがエキゾチックな新人ブラジル人モデルの噂を聞き付けたジャーナリストたちが、すぐにリアの素性を調べ上げて暴露してしまった。

 敬虔なカトリック教徒が多いブラジルでは、カーニバルでもない限り、ドラッグクイーンや男装・女装趣味がある人々の肩身は狭い。リアがモデルの仕事を始めたことは、セレーゾ家に大きな衝撃を与えた。

ニュース速報

ワールド

IOC・組織委・東京都の動きをしっかり注視=五輪簡

ワールド

中国、外国航空会社の運航規制緩和 前日に米政府が圧

ワールド

アップルCEOのiPhone巡る発言、株主の提訴可

ワールド

ブラジルの新型コロナ死者が連日の最多更新、経済再開

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月