最新記事

対テロ戦争

ビンラディンより凶暴な後継者の正体

大量破壊兵器でアメリカを攻撃することに執念を燃やし、CIAが必死で追うザワヒリの冷酷過ぎる素顔

2011年6月17日(金)17時12分
C.M.セノット

復讐のとき ネット動画で、ビンラディン殺害の報復を誓うザワヒリ。撮影場所は不明(6月8日) Reuters TV

 パキスタンで殺害されたウサマ・ビンラディンが潜伏していた住居で、米海軍特殊部隊SEALsは「宝の山」を発見した。膨大な数の文書やパソコンのハードドライブにCD、そして私的なメモなどだ。

 これらの押収物は現在、バージニア州ラングリーのCIA(米中央情報局)本部で精査されている。倉庫ほどの大きさの科学捜査ラボで、100人以上の分析官が片っ端から調査。彼らが必死で探しているのは、ビンラディンに代わる「世界一のお尋ね者」、アイマン・アル・ザワヒリにつながる情報だ。

 国際テロ組織アルカイダは16日、ナンバー2を務めていたザワヒリがビンラディンの後任として最高指導者に就任したと発表した。エジプト生まれの医師であるザワヒリが現在、どこに潜伏しているかは分かっていない。ただその人物像は、恐ろしく冷酷な男として知られる。ビンラディンのようなカリスマ性には欠けるが、指導者としての手腕がある。傲慢でうぬぼれが強く、ビンラディンにあったとされた信心深さはないと言われる。

 冷淡なザワヒリには、かねてから明確な目標がある。大量破壊兵器(WMD)、もしくは放射性物質を拡散するダーティ・ボム(汚染爆弾)を使ってアメリカを攻撃することだ。米テロ対策当局者やザワヒリに詳しい専門家らによれば、ザワヒリは少なくともこの3年間、WMDによる攻撃遂行のための技術的・科学的な基盤づくりを水面下で進めてきた。

 ザワヒリは08年には、対アメリカ核攻撃についての根拠や、アルカイダによる大量殺人の正当性について宗教的な自論を展開した本をしたためた。この本からは、ビンラディンより野心家だと言われるザワヒリの狂信的な一面が見えてくる。ザワヒリは、死者数と破壊力で9・11を上回る「壮大な」テロ攻撃を仕掛けようとしていた。

アルカイダ分裂の可能性も

 CIAのWMD部門やテロ対策部門を率いた経験のあるロルフ・モワットラーセンは、ザワヒリ個人と、ザワヒリによるダーティ・ボムを使ったテロ計画に特化して調査してきた。「ザワヒリはビンラディンよりも実戦志向で、WMDを使った攻撃もしくは次の大規模テロを個人的に主導しているとみられる」と、モワットラーセンは言う。

 96年〜99年までCIAのビンラディン担当部署を統括したマイケル・ショイアーは、ザワヒリにはいくつかの欠点があり、それによってアルカイダが分裂する可能性もあると語る。「彼はアルカイダを長期にわたって統率できる男ではない。頭が切れ、人を見下したような態度をとる。エジプトは古代文明をもつ国だと言わんばかりの、実にエジプト人らしい男だ。とにかく人を苛立たせるタイプだ」

 これはザワヒリを個人的に知る人々の共通した見方で、エジプト人弁護士のモンタッサー・エル・ザヤトもこの考えに同意する。エル・ザヤトはホスニ・ムバラク大統領時代の80〜90年代に繰り返し検挙され、拷問を受けたエジプト人イスラム過激派を多く弁護してきた。ザワヒリもその一人だ。

 その著書「私の知るアイマン・アル・ザワヒリ」の中で、エル・ザヤトはザワヒリを批判し、その無慈悲さと頑固さを強調している。最近も「彼は傲慢だ。自分がいつも正しいと考えている......だがそれが結局、彼の弱点でもある」と語った。

ニュース速報

ワールド

対中で率直な意見表明が必要、一帯一路見直しも=伊首

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億7

ワールド

ミャンマー国営メディア、少数民族の武装集団が25人

ワールド

IMFが新トラストを検討、中所得国を支援へ

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月