最新記事

アジア

中国は大国ぶった「隠れ小国」

「敵」を見ればその国の大きさがわかる。一人の芸術家や「ジャスミン」という検索語にも脅える中国が大国のはずはない

2011年4月8日(金)17時53分
デービッド・ロスコフ(カーネギー国際平和財団客員研究員)

小心者 中国共産党が言論封じに躍起なのは人々の不満爆発を恐れるからこそ(天安門広場) David Gray-Reuters

 国力を測る方法はたくさんあるが、どれも非常に不完全なものと言っていい。GDP(国内総生産)という概念を考案した米商務省の担当者らは、本当の意味での経済の健全性をみる指標として使うべきではない、とくぎを刺した。GDPはかなり限定的なものだし、そこに含まれていない多くの要素があるからだ。

 防衛支出だけで、ある国の軍事力を測るのも不十分。軍事力を考える上では、それを行使する政治的意思といった他の要素が極めて重要になってくるからだ。天然資源はあるに越したことはない。しかし資源があるがゆえに、それ以外の分野の開発がなおざりになれば資源は「災いの元」になりかねない。教育が行き届き、雇用が確保され、国民と政府が目標を共有していれば、人口の多さは素晴らしい原動力になり得る。しかし実際はそういうケースばかりではない。

 ただし、国家の本当の強さを知るのにふさわしい指標が一つある。その国が恐れる「敵」だ。真の大国はささいな脅威などものともしない。自らを過小評価し、取るに足りない脅威を大げさに扱うのでは大国と言えない。

ナチス・ドイツやソ連と同じ弱さ

 アメリカを見ればよくわかる。組織化されておらず、能力は限定的で、地政学的な影響力のほとんどない数百もしくは数千の過激なテロリストに対抗すべく、アメリカは安全保障制度を根本から作り直した。これは過剰反応だったし、結果的にアメリカ人の価値観をねじ曲げ、国際的な立場を傷付けた――だがたとえそうであっても、ダライ・ラマのような老人や法輪功のような宗教団体、インターネットの検索キーワードにさえ怯える中国に比べれば、そんなアメリカの行動でさえまだ理にかなって崇高に感じられるほどだ。

 そういう意味で中国は、表面的には「大国」であったナチス・ドイツやソ連と同じだ。彼らは軍備を増強し、国際舞台で尊大な態度を取る一方で、根本的な弱さを隠し切れなかった。強い国家や国民なら、弱い者を恐れるあまりにその人物を悪者扱いし、意見を表明することを禁じたり投獄したりはしない。

 だが中国では、そうしたことがまたもや起きている。中東に吹いた「ジャスミン革命」の風がかすかに届いただけで、中国政府は「デモ」「抗議」といった言葉に非常に敏感になり、ネット上では「ジャスミン」という言葉まで検閲。反政府デモの動きが出たところで政府は警察を動員し、反体制派を拘束した。

 中国当局によって逮捕・拘束された人々の中に、現代アーティストの艾未来(アイ・ウェイウェイ)がいる。世界最大の人口を抱え、世界第2位の経済力を持ち、世界第2位の軍事支出を誇るこの国は艾を恐れているらしい。陶製の「ひまわりの種」を敷き詰めたインスタレーションをテート・ギャラリー(ロンドン)に展示中の艾は多作な芸術家であり、ブログやツイッターで積極的に情報発信する表現者でもある。08年の北京五輪ではメインスタジアム「鳥の巣」の設計に携わったが、中国政府にとっては目障りな存在になっていた。

 しかし彼は単なる芸術家だ。ノーベル平和賞を受賞した服役中の民主活動家、劉暁波(リウ・シアオボー)と同じように、1人の人間に過ぎない。

ニュース速報

ワールド

WTO、上級委が機能不全に 米が委員選任改めて拒否

ワールド

原油価格、来年第2四半期までに70ドル超えも=バン

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

ワールド

イラン、米と全ての捕虜交換の用意=ザリフ外相

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月