最新記事

タイ

世界遺産奪還か首相退陣求める黄シャツ隊

アビシット首相に圧力をかけ、カンボジアとの領土紛争を煽るタイの愛国主義者たちの過激度

2011年2月8日(火)14時36分
パトリック・ウィン

メンツ争い 貴重な寺院遺跡が銃撃戦の舞台に(写真はカンボジア軍の兵士) Reuters

 カンボジアとの国境沿いに位置するタイの小学校で校長を務めプラワト・パノムサイは、何日も前から生徒たちに「戦争が迫っている」と警告してきた。2月4日についに砲弾が飛び交いはじめると、子供たちは一斉に土管と砂袋で作った防空壕に逃げ込み、響き渡る砲撃音に耳をそばだてた。

 戦闘の舞台はタイとカンボジアの国境に位置し、両国が領有権を主張している世界遺産のヒンズー教寺院遺跡「プレアビヒア」。両国の軍は報復攻撃を繰り返しながらにらみ合っており、両者とも相手が先に自国領内に侵入したと主張している。

 戦闘によって周辺住民の家屋が破壊され、11世紀に建立されたプレアビヒアも部分的に損壊。タイでは市民1人と兵士1人が死亡、34人が負傷しており、タイ軍は周辺住民6000人以上を避難させた。

 一方、カンボジア側も兵士2人が死亡したと発表。ただしタイの新聞の中には、カンボジアの犠牲者は数十人に達するとの報道もある。

「軍が大規模な戦闘に備えているのは明らかだ」と、プラワト校長は言う。「軍は多くの兵士を送り込み、戦車や武装車両を運び込んでいる。タイ軍が全力で戦えば、カンボジアに勝機はない」

タイ人の愛国心を刺激する元将軍の言葉

 表面的には、この紛争は5平方キロメートル足らずの狭いエリアの領有をめぐる争いにみえる。だが、石油などの天然資源もない辺鄙な土地をめぐる対立は今や、国家の尊厳と政治的メンツを守る戦いになりつつある。

 紛争の発端は1900年代初頭にさかのぼる。カンボジアを植民地化したフランスは、従来の国境線を反故にして、プレアビヒア寺院をカンボジア領とする新たな国境線を設定した。これに反発したタイは、第2次大戦中にこの地を占拠。1962年に、国際司法裁判所がカンボジアの領有権を認める判決を下した。
 
 その後は注目を浴びることがなかったこの地に再びスポットライトが当たったのは08年のこと。国連がカンボジアによるプレアビヒア寺院の世界遺産登録を認めると、タイ軍がそこは自国領だと寺院周辺に軍を展開し、カンボジアも同様の対抗策に出た。以来、散発的に銃撃が行われ、数人の犠牲者は出たものの、基本的に両軍はにらみ合いを続け、両国首脳による外交交渉が続けられていた。

 だが、外交努力だけでタイの愛国主義者を納得させることはできなかったようだ。バンコクでは「タイ愛国者ネットワーク」を名乗る数百人のグループが首相官邸を包囲し、紛争地の領有権奪還を政府に要求。グループのメンバーらがビデオカメラをもって戦闘地域に侵入する事件も発生し、紛争解決はますます遠のいている。

 タイ愛国者ネットワークの参加者の多くは、08年にバンコクの国際空港を占拠してソムチャイ政権崩壊の引き金を引いた右派「黄シャツ隊」のメンバー。保守的な軍国主義者や都市部のエリート層が中心で、「教養のない」国民に選ばれた政治家を批判し、選挙で選出する国会議員は30%にとどめるべきだと訴えてきた。彼らはさらに、青いつなぎを着た強硬派の仏教団体「サンティアソク」の支援も受けている。

ニュース速報

ワールド

英BP、第2四半期は減損で過去最大の赤字 10年ぶ

ビジネス

ECBは景気支援にコミット、見通しは不確実=レーン

ワールド

米国の目的はティックトックの禁止=バイトダンス創業

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 9

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 10

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月