最新記事

視点

W杯開催国決定の地政学的意味

資本主義と民主主義の国家モデルは後退し、これからは先進国が新興諸国の流儀に合わせることになる

2011年1月11日(火)17時15分
ピーター・タスカ(投資顧問会社アーカスリサーチのアナリスト)

 本気のスポーツは銃弾の飛び交わない戦争だと看破したのは、偉大な作家ジョージ・オーウェル。英国サッカー界の伝説的監督ビル・シャンクリーに言わせれば、サッカーは生き死にの問題ではなく、それ以上だ。

 それほど大事なことならば、2018年と22年のワールドカップ開催国の選考過程を振り返ってみることにも意味があるだろう。先日の投票で、ロシアとカタールはアメリカとイングランド、日本に圧勝した。08年の世界金融危機後の地政学的な現実に照らせば当然の結果。金余りの新興諸国が借金漬けの先進諸国を蹴落とすぐらい朝飯前だ。

 落選組は審判の判定にブーイングで応えた。アメリカのバラク・オバマ大統領は、いささか傲慢にFIFA(国際サッカー連盟)の選択は間違っているとコメントした。これにはFIFAが、サッカー界にとって有望な新市場を開拓するという戦略に基づいた決定だと反論している。イギリスには不正工作を指摘する声もある。そうでなければ事前の評価でトップだったイングランドが最下位になるはずがないというわけだ。

 ありそうな話だが、サッカーもビジネスである以上、高成長の期待できる新興国市場に注目するのは当然だろう。世界銀行によれば、向こう20年間に見込まれる経済成長の62%はBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)からもたらされ、G7諸国の貢献率は13%にすぎないとか。つまり、試合の放映権料やスポーツウエア、その他関連商品の売り上げで今後も大きく稼げそうなのは、古い大国ではなく新興国市場なのである。

 サッカーが新興経済圏に引かれる理由はほかにもありそうだ。もともと資金面の不透明さを指摘されているFIFAが、英国政府に開催したければマネーロンダリング規制の適用除外を保証するよう求めていたというのも興味深い。FIFAのジョセフ・ブラッター会長は投票直前のスピーチで、英国メディアの調査報道への警戒感を訴えた(実際、英紙の報道で収賄容疑を暴かれた2理事は投票に参加できなかった)。

ポスト冷戦の常識は過去のものに

 ロシアで開催すれば、そんな心配は要らない(ウィキリークスが暴露したアメリカ政府の公電によれば、ロシアではマフィアと政府が裏で通じているらしい)。カタールにも、うるさいメディアや強力な野党は存在しないに等しい。

 サッカーだけではない。産業界も新興国市場に秋波を送っている。そこではこの先も莫大なインフラ整備需要が見込まれているし、その入札では欧米諸国の大手企業が新興国の有力企業と初めて競り合うことになるはずだ。

 アメリカ勢やイギリス勢は、そこでも敗退するのだろうか。これもウィキリークスの暴露ネタだが、アンドルー英王子は英防衛産業大手とサウジアラビアの取引をめぐる不正の調査など「ばかげたこと」だと言い放ち、新興国市場で何とか足場を築きたい実業家たちの喝采を受けたという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ゼレンスキー氏、平和サミットに米中首脳の参加求める

ワールド

中国の李首相、韓国サムスンに投資拡大を奨励

ビジネス

米シティ、600人に週5日出勤義務付け 当局規制変

ワールド

イタリア、UNRWAに資金提供再開へ パレスチナ支
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中