最新記事

仏社会

フランスのブルカ禁止には大賛成

2010年7月28日(水)18時52分
ジャン・レッシュー(フランス人ジャーナリスト)

 フランスのブルカ禁止法案は、その幼稚な擁護者の一部が主張しているような「治安上の」理由に適っているとは言えない。彼らは、黒い布で顔を覆った銀行強盗や爆弾をガウンの下に忍ばせた自爆テロ犯を引き合いに出しているが、別にブルカでなくてもこうした犯罪はできるということだ。

 さらに反対派も支持派も主張する通り、フランス社会の「イスラム化」を止めてくれるからいい法律だ、というわけでもない。過去の植民地支配への罪悪感のせいで、フランス社会が長い間受け入れられずにきたイスラム文化の浸透を、多くの人はむしろ歓迎している。さらに、ニコラ・サルコジ仏大統領が最近持ち出した「フランス人とは何か?」「国民のアイデンティティーを定義しよう」という議論は、移民やイスラム教徒排斥につながるという反発も呼んでいる。

 しかしよほどのイスラム過激派を除き、フランス社会がイスラム教化することを望む人などいない。もしもブルカ着用を認めるか禁止するかによってフランス社会の寛容性や文化の多様性を判断されるのだとしたら、我々の自由社会はどうなってしまうのだろう。

フランスは反イスラムではない

 米国務省報道官やホワイトハウス、そして多くのアメリカ人には驚きかもしれないが、フランスは決して反イスラム国家ではない。国中のいたるところにモスクが(イスラム礼拝所)があり、その多くは公費で建設されている。

「カトリック教会の長女」とも表現されるフランスはもちろん、反宗教的な国でもない。バレリー・ジスカールデスタン元大統領は起草者の1人として関わった最新のEU(欧州連合)条約の序文で、「キリスト教の伝統」に言及しようとしたほどだ。彼のアイデアはほぼ全加盟国から拒絶された。政治条約はあらゆる人のものであるのに対し、宗教は個人的なものだからだ。

 だがフランスがどんなに宗教的な国家であろうと関係ない。ブルカの問題は宗教問題とは言えないからだ。「ブルカは宗教的なものではない」と、サルコジは言った。「女性の服従の象徴だ」

 私が住む場所として選ぶような社会では、公共の場でのブルカ着用を許すことは社会生活のルールを侵すことになるだろう。自由な社会では、人は隣人を愛したり、憎んだり、無視したりできる。ただそのためには非常にシンプルなあることが必要だ。そう、彼もしくは彼女の顔を見ることができることだ。

GlobalPost.com特約)

ニュース速報

ビジネス

モデルナのコロナワクチン、17日検討会受け最短24

ワールド

北朝鮮、J&Jなどにもサイバー攻撃の疑い コロナ情

ワールド

ロシア、大規模コロナワクチン接種開始へ 大統領が命

ワールド

ファイザーのワクチン、緊急時使用リストへの追加検討

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 7

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 8

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 9

    警官の暴力は許せないが、警官の顔撮影は禁止すると…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月