最新記事

教育

監視か献身か? 中国の母親、息子の授業に3年間同席で波紋

2018年7月2日(月)18時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

大学入試の試験会場の外で子供を待つ親たち Stringer-REUTERS

<受けた授業は計3000コマ。わが子への可愛さ余っての行動は、正常なものと言えるのか>

中国のある学校で「献身的すぎる母親」が問題になっている。息子の通う中学校で3年間、寄り添って授業を受けたこの母親の名前はダイ・ジュア。孟母三遷の教えとは言うものの、行き過ぎた孟母行為は「献身」という美徳では済まされなかった。この母親の真似をしないようにと教育専門家は子を持つ親たちに注意喚起した。

湖北省武漢市に住むダイ・ジュアの息子のシャオ・ファは小学校では優秀だったが、中学校に上がると勉強の変化にうまく付いていけていずに成績が落ち始めた。

「新しい環境になったからだと最初は思っていたけれど、のちに先生が息子の授業中の様子を見学しに来るよう、アドバイスを下さったのです」とダイ・ジュアは言う。かくして彼女は息子と一緒に登校するようになったという。

授業を受けているのは子でなく母親

授業に参加して早速、母親は我が子の異変に気付く。息子は授業中に気が散りやすく、他の生徒に比べ集中力に欠けていた。「悪い癖を直すのは簡単ではないし、先生も始終息子に注意を払っているわけにもいきません。だから私が見守ろうと決めました」と話した。

ダイ・ジュアは息子の隣に座って、ひたすら各科目のノートを取り続けた。過去3年間で約3000コマの授業を受けたという。

一方で学校側は、授業での生徒の様子や、学校の運営状況を理解してもらうために授業に同席することを親に勧めていたそうだが、教育評論家はこの対応は推奨すべきではないと言う。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、「(この行為は)生徒に必要以上にプレッシャーを与えかねない」という四川省の教師ワン・ヤオの指摘を掲載。ダイ・ジュア親子の例を真似しないよう子を持つ親に呼びかけている。

今回の一件では、母親の愛が一線を超えた、と湖南省のポータルサイトRednet.cnは報じている。そして子供への過剰な干渉は子供にとって幸せな学校生活を送る権利を奪いかねない、と警鐘を鳴らした。

金が無ければ命を差しだす

中国では、子供のより良い教育ために過度の犠牲を払う家族が大勢いる。サウスチャイナ・モーニングポストによると、2013年には山東省のある父親が、娘のために約1000万元(1億7000万円)で幼稚園を買収したというニュースが大々的に報じられた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月