最新記事

美容整形

24時間豊胸にブームの予感と不安

生理食塩水を注入して短時間だけ胸を膨らませる「お試し豊胸手術」の手軽さと危険な落とし穴

2015年6月23日(火)11時44分
ポリー・モセンズ

もっと大きく プチ豊胸手術を希望する女性は後を絶たない ©iStock.com/South_agency

 ニューヨークの高級住宅街アッパー・イーストサイド。その一角にあるノーマン・ロウ医師のクリニックには、金曜日の午後になると女性が1人、また1人とやって来る。彼女たちは1時間もしないうちに帰っていく。数カップ大きくなった胸に、満足そうな笑みをたたえながら。

 ただし、その効果がフルに持続するのはせいぜい真夜中まで。土曜日の昼近く、のんびりブランチを取る頃には、すっかり元の胸のサイズに戻っている。

 ロウはこの24時間だけのプチ豊胸を、本格的な豊胸手術の「お試しプラン」として提供している。利用者の評判は上々だ。「一番よく聞く苦情は、『もっと大きくすればよかった』だね。『やめればよかった』と後悔する声は聞かない」

 プチ豊胸は、生理食塩水をバストに注射するだけの簡単なもの。気持ちがいいものではないが、身をよじるような激痛はない。「『痛いからもうやめて』とストップをかけられたことは一度もない」と、ロウは胸を張る(あと少しだけ大きくしたい、と痛みをこらえている患者もいるに違いないが)。

 これまで豊胸手術後のイメージをつかむ方法は主に2つあった。1つは、スポーツブラとぴったりしたTシャツを着てもらい、そこにパッドを入れてみる方法。もう1つは、コンピューターで手術後の胸のシミュレーション写真を作成する方法だ。

 どちらも把握できるのは視覚的な効果だけで、大きな胸を体感することはできない。「豊胸の相談に来る女性の3分の1は、気持ちに迷いがある」と、ニューヨークで美容整形外科を開業するジェニファー・キャプラ医師は語る。そんな人にプチ豊胸はぴったりだ。

 キャプラのクリニックでは、生理食塩水注入を受けた患者の約8割が、最終的に豊胸手術を受けるという。もう一度プチ豊胸をしたいとやって来る女性もいるが、3度目は断ることにしている。クリニックにとってプチ豊胸は、あくまで本格的な豊胸手術の「お試し」サービスにすぎないからだ。

原価はたった20ドルだが

 患者が何度もプチ豊胸を受けたがらないように、料金は高く設定されている。キャプラのクリニックの場合1回2500ドルだ(ただし実際に豊胸手術を受けた場合、手術費からその金額が差し引かれる)。「200ドルとか300ドルだと、1晩だけ胸を大きいしたい人ばかり集まってくる」とロウも言う。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月