最新記事

米大統領選

討論会の勝敗を左右するメモの活用法

米大統領候補といえば、多くがロースクールでメモの取り方を身に付けた達人ぞろい。いったい何をメモっているのか

2012年10月17日(水)17時42分
フォレスト・ウィックマン

悪い例 最初の討論会では、オバマは下を向いてメモばかり取っていたと批判された(10月3日、コロラド州デンバー) Jim Bourg-Reuters

 来月に迫った米大統領選で16日、バラク・オバマ米大統領と共和党候補のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事による第2回テレビ討論会がニューヨーク州ヘムステッドのホフストラ大学で行われた。第1回の討論会で消極的だったとしてロムニーのリードを許したオバマは、今回の討論会では攻勢に転じて終始主導権を握った。

 第1回の討論会でオバマは、ロムニーの方を向かずにうつむいてメモをとってばかりいる、と批判された。討論中に候補者がメモを取るのは珍しいことではないが、実際のところ候補者たちは何をメモしているのだろうか。

 相手の主張や自分の返答を記していることもある。あるいはただ単に、表情を見られないようにとりあえずペンを走らせている場合もある。討論中にメモを取ることは、自分の返答をうまくまとめるために有効な手段で、候補者の多くがロースクール時代にこの習慣を身につけている。

 ただし、相手が攻撃している最中の「目のやり場」としてメモを活用していることも多い。オバマは4年前の大統領選でもこの戦略を使っていたことで知られている。予備選を戦ったヒラリー・クリントンとの討論会では、「じっと見つめるヒラリーの視線を避けるために、固く口を結んでメモを取っていた」と言われたものだった。本戦での共和党のジョン・マケイン候補との戦いでは、マケインも同じく、怒りの表情を悟られないように「メモ戦略」をとっていた。

 メモを取るという行為は、1960年に行われたアメリカ初のテレビ討論会のときから議論の的だった。当時、大統領選を戦っていたリチャード・ニクソン副大統領は、相手候補のジョン・F・ケネディがルールを破ってあらかじめ用意されたメモを読み上げていたと批判した。これがルール違反かどうかで両者の主張は対立したが、それ以降はメモの扱いについてルールを明確化することになった。

 メモに関するルールはその後どんどん細かくなっていった。共和党のロナルド・レーガンと民主党のウォルター・モンデールによる1984年の大統領選では、討論会のルールとして「メモを含むいかなる形でも、せりふを思い出すための道具を討論会に持ち込むことは認めない」と記されたが、「討論会の最中にメモを取ることはできる」とされている。

メモ合戦だった2004年選挙

 1988年の大統領選での共和党ジョージ・ブッシュと民主党マイケル・デュカキスによる討論会では、ルールはより明確にされ、両候補者は「好きな大きさ、色、種類の紙に」メモを取ることができるとなった。

 米タイム誌の報道によれば、今年の討論会のルールではメモに関してさらに細かく記されているという。両候補が合意した内容として「いかなる道具やメモ、図表やそのほかの文書など有形のものは電子機器も含めて、どちらの候補者も討論会に持ち込むことはできない」とされている。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月